新機能

LTS 2019

強化されたAIフレームワーク

LTS 2019には、AI関連の新しいモジュールが含まれています。Nuxeoのお客様は、このモジュールを「プラグ&プレイ」形式で接続するだけで、AIサービスからのデータやNuxeoオンラインサービス上のカスタムモデルを使用してコンテンツの価値を高めることができます。これによって、文書のファインダビリティが高まり、コンテキストに即したコンテンツの活用とインテリジェンスレベルの向上が実現するほか、追加的なAIアルゴリズムの提供によって、インサイトの増強も自動的に可能になります。

Office 365の統合

Nuxeoユーザは、Office 365スイート内でファイルの編集を透過的に行いながら、先進的なメタデータ管理、高度なAI、パワフルな検索、アクセス許可の管理などの機能を利用できるようになりました。Nuxeo Web UIからのリンクをクリックすることで、Office 365内から文書を開いて編集することが可能です。または、新しい文書をOffice 365からNuxeoに保存することもできます。

コンテンツフェデレーション

Nuxeo Platformでは、バイナリコンテンツを「インプレース」管理できるようになりました(つまり、コンテンツは外部のECMまたはEFSSシステムに保存されたままです)。この機能により、Nuxeoのコンテンツフェデレーション戦略が拡大されるだけでなく、お客様は強制移行のコストと負担に悩まされずに、モダンなコンテンツサービスプラットフォームのメリット(拡張性、検索、ワークフロー、自動化、アクセス許可)をすべて享受できるようになります。

強化されたアノテーション機能

強化されたアノテーション機能により、Office文書、画像、動画、PDFなどにアノテーションを付けて、レビュー/検証プロセスやメディアエンリッチメントに役立てることが可能です。

新しいAdobe CCコネクタ

新しいAdobe Creative Cloudコネクタは、ユーザエクスペリエンスを向上させ、Adobe CC 2018の機能をフルに活用できるよう、ゼロから構築し直されたものです。

プラガブルがアップロードサービスのデータ転送を加速化

Nuxeoをダイレクトアップロードサービスに簡単に接続して、ファイルまたはオブジェクトの転送を加速化できるようになりました。その結果、Nuxeoユーザは、4K動画ファイルなどの大容量コンテンツアセットをWeb UI(Nuxeo Webクライアント)経由で高速アップロードすることができます。高速転送機能はAWS S3で利用でき、(Azureやその他の専門ベンダー向けなど)AWS以外のサービスとの接続も簡単に作成できます。S3の実装により、アップロードパフォーマンスが一般的に50%~500%向上します。

LTS 2017

デジタルワークプレイスのサポート

モバイルエクスペリエンスが最適化されました。モバイル版のWebブラウザからNuxeoをお使いのお客様は、シングルクリックでネイティブのNuxeoモバイルアプリを起動できるようになりました。ネイティブアプリケーションは、モバイルネイティブのルックアンドフィールを備え、応答が速く、使用可能なデバイススペースを有効に活用するほか、一般的なモバイル設計パターン(ピンチ&ズーム、戻るボタンによるナビゲーション、マルチタッチ)をサポートすることにより、モバイルエクスペリエンスを向上させます。

Kafkaによる非同期処理

Nuxeoの比類のないエンタープライズスケーラビリティは、アーキテクチャにKafkaを追加することで、さらに向上します。Kafkaは、すべての非同期ジョブが正しくキューに入れられ、より効率的に完了し、システム全体のパフォーマンスが向上することを保証します。さらに、Kafkaの分散された性質は、Nuxeoの水平にスケーラブルな高可用性アーキテクチャを完全に補完するものです。

サーバレスコンピューティングの統合

Amazon Lambdaとの統合により、時間のかかるCPU集約的タスクをAmazonのサーバレスコンピューティングインフラストラクチャ上で実行するようリダイレクトして、ユーザ向けパフォーマンスへの悪影響を防ぐことが可能です。この統合機能の実際的な応用例として、数千個の画像がNuxeoに追加されるときに、サムネイルを一括生成することが挙げられます。

Elasticsearch 5とHTTP APIのサポート

NuxeoはElasticsearch 5.6をサポートします。Elasticsearch 5.6では、Elastic SearchにHTTPベースのAPIを使用でき、組織はHTTPSを使用してすべての通信を保護できます。今回のリリースによりNuxeoは、Amazon Web Services(AWS)のElasticsearchサービスも活用することができます。Elasticsearch 5はNuxeo Platformに新機能も提供します。

ユーザエクスペリエンスの向上

新しいWeb UIでは、ユーザエクスペリエンス向上のためのいくつかの機能強化がUXに加えられています。サムネイルグリッドはその一つです。メディア検索画面には、サムネイルが元の画像の比率のままで表示されるようになりました。また、マウスのカーソルを合わせるとメタデータが表示されるため、必要な画像(またはビジュアルメディア)を簡単に特定できるようになっています。

MongoDBの完全なサポート

業界をリードするNoSQLデータベースのMongoDBにNuxeo Platformを完全にデプロイできるようになりました。MongoDBはよりコストパフォーマンスの高いハードウェアで稼働し、スケールアウトが可能であり、ビッグデータのユースケースを促進するよう設計されているため、究極のパフォーマンスを求めているお客様や、SQLデータベースへの依存をなくしたいと考えているお客様に最適です。

LTS 2016

新しいWeb UI

Nuxeo Platform LTS 2016は、構成可能な検索ベースのナビゲーション、タスク指向のUI、ユーザ中心のワークフローなど、ユーザの生産性と使いやすさに焦点を合わせた、完全に再構築されたユーザインタフェース を備えています。この新しいユーザインタフェースにより、より効率的なワークフローが可能になり、ユーザアクションの中心に検索機能が装備されます。最後にアクセスしたドキュメントや、コレクション、検索結果の簡単なブラウジング、即時検索、ドキュメント表示のウィジェットアクション(フィールドの場所の編集など)に直接アクセスすることで、ユーザの生産性を向上させます。この新しいUIは、プラットフォームの一般的な技術パラダイムに準拠しており、完全にカスタマイズ可能で、堅牢な技術基盤上に構築されています。Polymer、先進的なJavascript、HTML5によるWebコンポーネント

試してみる

スループットの向上

Nuxeoは、競合するアプローチの10倍のスループットを提供し、数十億個のオブジェクト、また無制限のプロパティや属性に対応するキャパシティを備えるようになりました。クラウドグレードの弾力性、高い可用性と回復力、軍用レベルのセキュリティも提供します。何よりも、ビジネス上のニーズに対応します。それぞれの顧客固有のビジネスプロセスに合わせて簡単に設定できます。

  • NoSQL(MongoDBまたはMarklogic)またはリレーショナルデータベース(PostgreSQL、Oracle、MySQLなど)を使用する大規模スケーラビリティ
  • 10億件のドキュメント でベンチマーク済み(シングルクラスタで実証)
  • 毎秒6,000件のクエリでベンチマーク済み(シングルクラスタで実証)
  • 毎秒最大30,000件のドキュメントを処理(MongoDBのシングルクラスタで実証)

MongoDBの最適化

NoSQLデータベースの統合は、過去2年間、Nuxeoの戦略的イニシアチブでした。MongoDBネイティブ統合の新しい機能強化により、Nuxeo Platformのパフォーマンスはさらに高いレベルに到達しました。MongoDBをデータストレージバックエンドとして使用することで、多数の同時読み取り/書き込み、またはフェイルオーバーを統合した地理的分散システムを使用して、巨大かつ複雑なデータモデルに対してアプリケーションを非常に効率的に展開できます。

MarkLogic統合

Marklogicパーシステンスエンジンは、トランザクション、クラスタリング、高可用性、およびレプリケーションを特徴としています。

Nuxeoの性能について詳しく知る

転送時間の短縮

Nuxeo Edge Cacheを使用すると、複数のユーザが同じコンテンツにアクセスしたいときに、同じサイトで何度も同じファイルをダウンロードする必要がなくなり、大規模なクラウド展開や複数のリモートサイトを持つお客様には大きな利点となります。企業はダウンロード時間を最大95%、帯域幅消費を最大90%削減し、キャッシュされている時でも常にデジタルアセットの安全を確保します。

Elasticsearch 2.x

Nuxeo Platformは、Elasticsearch 2.xと統合され、保存されたコンテンツの新しいインデックス作成と集約処理を可能にします。

Elasticsearchとの統合について詳しく知る

モバイルアプリ

iOS対応のNuxeoモバイルアプリは、検索、ブラウズ、お気に入りのアセットでの作業など、主要機能でシームレスな操作を実現します。これにより、Nuxeoサーバに対して認証を行い、Nuxeoリポジトリ内でブラウズ・検索し、お気に入りに設定し、アセットをプレビューすることができます。

アプリをダウンロード

コネクタ

従業員が既になじみのある製品を、引き続き使用できるようにします。

  • Adobe CC:クリエイティブ担当者は、Adobe CCアプリケーションで作業し、Nuxeoのコンテンツリポジトリから承認済みの最新デジタル資産にアクセスし、すべての作業をローカルマシンではなくリポジトリに自動的に保存できます。
  • Salesforce.com:SFDCユーザは、SFDCアプリケーションを離れることなく、適切なSFDCオブジェクトと関連する、適切なコンテンツの検索、リスト表示、プレビュー、アクセスを適時にかつ簡単に行うことができます。
  • エンタープライズファイル同期/共有(EFSS)システム:Google Drive、Dropbox、Box、Microsoft OneDrive、Microsoft Office 365のコラボレーション機能とファイル共有機能を最大限に活用しながら、セキュリティ、メタデータ、ビジネスプロセス機能など、デジタルアセットプラットフォームのすべての利点を活用できます。

コネクタについて詳しく見る

デスクトップ同期化

ローカルデスクトップとNuxeoコンテンツリポジトリの間で双方向のコンテンツ同期化の強化。オンプレミスでもクラウドでも可能。Nuxeo Driveは、コンテンツのより深い階層に基づいてスケーリングできるようになりました。

Nuxeo Drive

インスタント共有

組織外の個人に対しては、Nuxeo Platformの特定のフォルダの一時的または恒久的なアクセス権(読み取り権限または編集権限)をメールで提供し、安全な方法で効率的な情報交換を実現します。

画像認識

Nuxeo Platformは、形状認識、自動分類、タグ付け、OCR、センチメント分析を使用して、変化するデジタルアセット管理アプリケーションに対応します。

3Dアセットのプレビュー

Nuxeo Platform LTS 2016には、一連の3D変換機能と軌道制御でコンテンツをプレビューする機能があります。

3D機能を詳しく知る

動画

高度な動画変換操作が可能になりました。ユーザは、Nuxeo Platformアプリケーションで動画を直接カット、注釈付け、トランスコードすることができます。

PDFツール

ドキュメントの作成を自動化して検証し、ワークフローに直接埋め込み、時間を節約し、生産性を向上させます。

Nuxeoコードジェネレータ

コードジェネレータは、既存のプロジェクト内でプロジェクトやNuxeo Framework特有のオブジェクトを簡単にブートストラップする ことができる新しいツールです。ジェネレータnuxeoは、Nuxeoコンポーネントの足場を提供します。空のプロジェクト、Nuxeoパッケージ、オートメーション事業、Nuxeoサービスなどの一般的なNuxeoコンポーネントの足場を簡単に構築できます。これにより、定型コードを書き込む時間が削減され、構造に時間をとられることなく、お客様独自のコードに集中することができるようになります。

クライアント統合API

すべてのSDKクライアントに、Nuxeo Platformの全機能にアクセスできる強力でシンプルな新型APIが追加されました。

Nuxeo Elements

フル機能の60個のUIウィジェットを備えた、WebコンポーネントベースのNuxeo Elementsを使用して、Nuxeo Platformと統合された最新のカスタムWebアプリケーション(ドキュメントプレビューア、権限管理、ダッシュボードウィジェット、ドキュメントフォームなど)をすばやく構築することができます。

Nuxeo Elementsを詳しく見る

Online Codenvy

Online Codenvyを使用すると、新しいNuxeoベースのアプリケーションのプログラミングがさらに簡単になります。

文書を読む

状態・設定レポートツール

この新しいツールは、お使いのNuxeo Platformインスタンスの設定と状態に関して、Nuxeoサポートチームに有用な情報を提供します。このレポートでは、サポートチームが作業を開始するのに必要な情報を備えたJSON形式のレポートを作成することにより、トラブルシューティングをより迅速に行えます。

Nuxeo Studioブランチ管理

今回のリリースで、お客様のプロジェクトが保存されている基本のGitリポジトリについてさらに多くの機能が公開されました。

  • ブランチを作成し、それらをマージする機能
  • 他のユーザと共有する前に、ローカルで何度もコミットする機能
  • 競合管理
  • アドバンストモード。1回のコミットにつき複数の更新を保存し、共通のブランチにコミットをプッシュする前に、数回コミットを行うことができます。使用したいモードを選択できます。

詳細を見る

ヘッドレスコンテンツサーバ

組織はUIなしでもNuxeo Platformをパッケージ化して展開するだけで、起動時間とサイズを最適化でき、しかもAPIとの統合が可能です。

LTS 2015

パフォーマンスとスケーラビリティ

膨大な量のコンテンツやスループットをロードして管理する必要のある組織のニーズに、Nexeoがお応えします!Nuxeo Platformは、高速でスケーラブルなコンテンツストアとしてMongoDBをサポート します。

  • 膨大な一括インポートを処理し、コンテンツの永続性を確保。何億件ものドキュメントにも対応します。
  • 大量のリード&ライトの同時進行をサポート。バージョン管理や頻繁なコンテンツのインポートと更新にも対応します。
  • 最速のSQLデータベース実装と比べ、コンテンツの一括インポートのベンチマークで5倍の速度、ドキュメント処理のベンチマークで15倍の速度を実現しました。
  • オプションでファイルをGridFSまたはオブジェクトストアに保存できます。

MongoDBとの統合について詳しく知る

Google DriveとDropboxのコネクタ

  • Google DriveDropboxなどのクラウドファイル共有プラットフォーム
  • コンテンツのオーサリングアプリケーションがクラウドでも使用できるようになり、Googleドキュメント、Lucidchart、Pixlrなど、高度な、リアルタイムのコラボレーションを提供
  • あらゆるクラウドコンテンツツール(デスクトップ、モバイル、タブレット)にマルチチャンネルアクセス
今日の新しいクラウドコンテンツ環境は、コンテンツの作成、共同作業、コンテンツの操作を行う方法に大きな変化をもたらし、生産性と効率性の大幅な向上を実現しています。Nuxeoは、今日のクラウドベースのコンテンツ制作環境と、企業のビジネスプロセスおよびワークフローとの間の ギャップを埋める、唯一のコンテンツ管理プラットフォームです

これらのクラウドファイル共有プラットフォームとの統合について詳しく知る

Salesforce.comコネクタ

世界中のさまざまな企業や機関が、日常的にSalesforce.com(SFDC)アプリケーションに依存しています。Nuxeoは、Salesforce.comのアプリ内でNuxeo Platformのパワーを提供することで、Salesforce.comユーザがより効果的に顧客を獲得しサービスを提供できるよう支援します。 Salesforce.comのユーザはこれで、 リード、機会、顧客、キャンペーン、製品、SFDCオブジェクトなど、どのようなものであっても、Nuxeoリポジトリからビジネスコンテンツを簡単にリンクさせることができるようになりました。ユーザは、Salesforceアプリケーション内で、オンデマンドでコンテンツを素早く検索、アップロード/ダウンロードし、編集できます。 これにより、Salesforce.comと多量コンテンツのビジネスプロセスおよびアプリケーションとの間の緊密な統合が可能になり、Salesforce.comクラウドでNuxeo駆動のコンテンツリポジトリを活用することができます。

Nuxeo Salesforceコネクタについて詳しく知る

Adobe Creative Cloudコネクタ

InDesign ユーザは、Indesignアプリケーションから、Nuxeoコンテンツリポジトリに保存してある画像の検索や加工を簡単に実行することができるようになりました。全文検索、メタデータ検索、永続的なリンク、画像の更新通知などのサービスを利用できます。このコネクタは、PhotoshopとIllustratorにも利用できます。

Adobe CCとの統合について詳しく知る

プログラマブルメディア変換

Nuxeo Platformでは、インポートされたデジタルアセットの追加レンディションの自動作成を、開発者がプログラミングで好きなように定義できます。

新しい高度なデータモデリング

Nuxeoコンテンツリポジトリは、今日市場で利用されている最も先進的で柔軟性に富むコンテンツモデルとして、複雑性を増すコンテンツオブジェクトとデータモデルを作成・管理するための新しいプロパティタイプを提供します。

インプレースコンテンツサポート

Nuxeo Platformは、文書を物理的にブロブストアに移動させることなく、Nuxeoコアリポジトリに文書をインポートすることができるので、その文書を同じ場所に留めておくことができます。Nuxeoのこのようなユニークな機能は、Nuxeoライブコネクトを使用して、クラウドベースのコンテンツ、コラボレーション、およびオーサリングツールを統合することができるだけでなく、階層型ストレージ管理(HSM)ポリシーのサポートを可能にします。これにより、暗号化されたファイルストレージ、GridFSプラグインの使用など、Nuxeoブロブストアの外で選択コンテンツの保存を指定することができます。

階層ストレージ管理

Nuxeo Platformでは、開発者がハイブリッドストレージポリシーを定義して、ローカルでまたは他のオンプレミスのストレージにAmazon S3を介して格納する必要があるコンテンツを指定することができます。

ACLとアクセス許可

ユーザとグループのアクセス許可は、管理者か経営者かを問わず、新しいユーザフレンドリーなUIと多くの新しい許可オプションによって、より速くより簡単になっています。以下は一例です。

  • 新しい一時的ユーザアクセス権 は、指定の期間に限り有効
  • 新しいアクセス許可が設定された際のユーザへの、電子メール通知(オプション)
  • 特定のユーザの 全ACLを簡単にパージ
  • Admin Centerでの新しいアクセス許可タブにより、過去と現在の許可の検索ができます。規制遵守の徹底とセキュリティ監査の確保に重要なリソースとして使用されます。
  • 新しいプログラマブルセキュリティフィルタ により、単純なアクセス許可管理を超えてユーザやグループの行動を正確に制御することが可能になります。例えば、あるユーザが、ある画像にアクセスすることが許可されている場合でも、IP保護のために低解像度コピーのみをダウンロードすることができます。

ElasticSearch

Nuxeo Platformは、エンタープライズ検索におけるデファクトスタンダードとしてのElasticsearchとの強力で緊密な統合を実現しており、文書とデジタルアセット管理市場で最先端の検索機能を提供しています。当社は、Elasticsearchとの統合をさらに拡張しています。

  • 新型のElasticsearchパススルーAPIは、自動的にセキュリティフィルタ機能を管理します。開発者は、セキュリティフィルタ機能を気にすることなく、新型のElasticsearchパススルーAPIを使用してNuxeoリポジトリを照会し、カスタムElasticsearchフロントエンドアプリケーションを構築することができます。Nuxeo Platformを使用して検索機能を構築するために、選択したElasticsearchクライアント(JavaScript、Pythonなど)とともに、ネイティブElasticsearchクエリDSLを使用することができるようになりました。Nuxeo Platformは、エンドユーザの検索クエリに許可フィルタを動的に適用し、ユーザが検索したオブジェクトのみ検索結果に反映するようにします。
  • NXQLのElasticsearch検索の改善:開発者は、Nuxeo Platformのネイティブクエリ言語のNXQL内でElasticsearchの機能を呼び出すことができるようになりました。NXQLベースのプログラミングには、Elasticsearch駆動による、あいまい検索や地理空間検索などが含まれます。

コンテンツ自動化用のJavaScript

Nuxeo Platformのコンテンツオートメーションサービスが、JavaScriptでプログラムできるようになりました。このサービスにより、開発者は、高レベルのアトミック操作を組み立てることによってビジネスロジックを定義し、その操作をユーザのアクションやイベントに結合させることができるようになりました。 開発者は、JavaScriptでビジネスロジックを迅速に作成し、プラットフォームが公開する大規模なオペレーションライブラリを活用することができます。JavaScriptのチェーンは、コンテンツオートメーションチェーンとして、Nuxeo PlatformのREST APIを介してネイティブに公開することができます。 自動化スクリプトは、便利なインラインJavaScriptの提案を含む、Nuxeo Studioのスクリプトエディタで、または任意のJavaScriptエディタを使用して作成することができます。

Nuxeo Drive 2.0

Nuxeoコンテンツリポジトリを持つユーザのローカルデスクトップを同期させるNuxeo Driveは、全面的に書き直され、性能が大幅に改善されました。

  • より迅速で応答性の高い同期化
  • 複数のリポジトリに接続する新機能
  • ほぼリアルタイムの同期化のファイルシステム通知、CPU使用量の削減
Nuxeo Driveはまた、HTML5 UIを一新し、WebKitを組み込むことで、プログレスバーを追加するなど、インタフェースの完全なカスタマイズを実現し、ユーザエクスペリエンスを改善し生産性を高めています。

詳細を見る

コンテンツ分析・データ可視化

Nuxeo Platformには、カスタム分析ダッシュボードを構築するウェブ開発者向けデータ可視化ツールキットが含まれるようになりました。ユーザは、主要なメトリックとトレンドを視覚的にモニター・追跡して、問題が深刻な状態になる前にその問題を事前に特定することができます。 新しいツールキットは、HTML5とWebコンポーネントに基づき、Elasticsearch の分散型演算機能を活用して、Nuxeo Platformに格納されたあらゆるデータ(ワークフローパフォーマンス、ケース管理データ、ユーザ検索クエリ、コンテンツ/メタデータ、ユーザ活動など)を集約、計算、視覚化します。

新規のドキュメントビューア

Nuxeoは、オフィスファイルの高品質レンダリングのため、pdf.jsを統合することにより、文書のプレビューを改善しました。これにより、クライアント側の機能(ズーム、回転、マルチページ)が増え、大規模な文書のコンテンツプレビューをストリーミングする機能が実現しています。この新規のHTML5ビューアは、PDFにレンダリングすることができるすべてのコンテンツに対し、スムーズで美しいプレビューを提供し、開発者がビジネスアプリケーションでも使用することができるようにプラットフォームに完全に統合されています。