IDCは先日、コネクテッドカスタマーエクスペリエンスの時代にデジタルアセット管理(DAM)が果たす重要な役割について検証した、Nuxeo協賛のテクノロジースポットライト「コネクテッドカスタマーエクスペリエンスの時代にDAMを再考する」を公開しました。

DAMソリューションの購入を検討中の方や、現行のソリューションから最大の価値を引き出せているかどうか確信が持てない方は、下記からダウンロードできるこのホワイトペーパーを一読することをお勧めします。

ホワイトペーパーの6つの要点を以下に示します。

1.サイロ化されたコンテンツにおいて、カスタマージャーニーをスムーズにつなぐための課題についての説明。

2.コンテンツマーケティングの重要性とは裏腹に、驚くべき非効率な現状が指摘されています。

- 重複したコンテンツの作成に予算を無駄に使っている組織の割合は全体の3分の2を占める。
- マーケティング担当者が作成するアセットの3分の1は、まったく使用されないか、十分に活用されていない。



3.DAMは非効率の問題を解決できます。IDCの調査結果に示されるとおり、組織はよりスマートにコンテンツを管理することによって多大なメリットを享受できます。

- DAM投資の収益率を平均24%向上。
- 重複した作業を排除し、作成されても一度も使用されることのないアセットの数を減らし、アセットの再利用率を向上させることにより、アセット作成コストを平均28%削減。
- アセットの検索、レビュー/承認プロセスの合理化、コラボレーションの向上を中心に、チームの生産性を平均34%向上。 



4.リポジトリサービス、ワークフロー管理、ユーザインタフェース、統合と拡張性、クラウドなど、DAMの主な機能と利点に関する説明。

5.今後注目すべき重要なイノベーション分野(さらなる統合、クラウド、人工知能、コンテンツ関連投資の最適化など)。

6.Nuxeoの機能とメリット、そして解決を目指して取り組んでいる課題についての考察。

上記のトピックに関心のある方は、6月27日に開催されるCMSWireウェビナーにもぜひご登録ください。このウェビナーは、IDCのコンテンツ/デジタルメディアテクノロジーズ担当副社長であり、本ホワイトペーパーの著者でもあるメリッサ・ウェブスター氏と私によるものです。

詳細情報:

ホワイトペーパーをダウンロード