Nuxeoは、インサイトが改善の原動力であると考えています。アナリティクスは、デジタルアセットのビジネス価値を最大限に高めるカギです。コンテンツからさらなる価値を引き出したいと考えている企業にとって、もはやアナリティクスは単に「あれば便利なもの」ではなく、必需品となっています。

Forrester Wave™「デジタルアセット管理(DAM)によるカスタマーエクスペリエンス(2018年第2四半期)」で、Forrester Researchは、NuxeoをはじめとしたDAMベンダのコンテンツパフォーマンスアナリティクスを評価しました。


Nuxeoのコンテンツパフォーマンスアナリティクスは「5.0」(最高スコア)を獲得しています。Forresterによると、5.0というスコアは「優れた機能」を有するプロバイダのみに与えられる評価です。

Nuxeoのコンテンツアナリティクス機能の適用範囲は、最終製品、つまり展開対象アセットにとどまりません。今や、アセットの作成と展開に伴うプロセスに関するインサイトを、DAMインタフェースから直接得ることが可能になっています。

ワークフローの重要性

チームの作業の仕方は、そのチームがどのぐらいの量の仕事をこなし、どれだけ効率的に働けるかを大きく左右します。チームとエージェンシーでデジタルアセットがどのように作成、編集、展開、使用されているかを把握しながら、デジタルアセットを管理できたとしたらどうでしょうか?どのワークフローがうまく機能しており、どのワークフローがまったく機能していないかを特定できたとしたらどうでしょうか?

今やそれが可能になっています。

その原動力となっているのが、Nuxeoのネイティブワークフロー機能です。Nuxeo Platformには、コンテンツ、検索、ワークフローの各活動と所要時間に関するリアルタイムのグラフィカルレポート作成など、堅牢なアナリティクス機能がすぐに使える状態で装備されています。すべてのデータがネイティブで収集されるため、データ分析に必要な機能がすべてそろっています。

クリエイティブチームのどのメンバーが納期を順守しているかや、レビュープロセスが必要以上に長くコンテンツファクトリを停滞させていないかどうかを調べたい場合は、Nuxeoの組み込み機能を使用して、プロセスの非効率な部分や隠れた問題を追跡することができます。

Nuxeoの導入企業・組織の中には、数百(さらには数千)ものクリエイティブエージェンシーを利用しているケースがあります。Nuxeo DAMでは、各エージェンシーによって作成されたコンテンツを追跡します。その結果、典型的なタイムラインと結果を細かく把握するとともに、働きが期待に沿っていないエージェンシーや、一部のエージェンシーにとって提供するのが容易なコンテンツのタイプを正確に特定できるようになります。

効率性の向上

Nuxeoのワークフローアナリティクスおよびレポート作成機能によっても、コンテンツを反復して、新規デジタルアセットの作成を迅速化することができます。ある企業が新しいDAMソリューションを使用して、バナー広告、メール、印刷広告などの様々なデジタルアセットを使った新しい春期キャンペーンを作成しているとします。

春が終わって夏になったときに、この企業がキャンペーンを一から作り直す必要はありません。必要なのは、キャンペーンのメタデータ、ロール、ワークフロー(名前は新しいキャンペーンを反映して変更される)をコピーするだけです。

たとえば、「主任デザイナー」の役割を割り当てられている人は、春期キャンペーンからのアセットタイプごとのファイルを受け取るため、過去のファイルを一つずつ検索する必要がありません。このデザイナーは会社のロゴを同じ場所に残したまま、InDesignでテキストと画像を変更することができます。

また、Nuxeoでは、ワークフロー所要時間の推移をモニタリングすることもできるため、プロセス改善計画の成果を測定することが可能です。Nuxeoの導入企業・組織を対象に行ったテストでは、この方法でキャンペーンを再使用すると、効率性が継続的に改善し、新規キャンペーンアセットの作成に要する時間を短縮できることが判明しています。

ほとんどのDAMシステムは、これほど詳細にワークフローを追跡して分析する機能をネイティブで備えていないため、DAMのビジネス価値を立証するのは容易ではありません。一方のNuxeoでは、採用率を完全に追跡できるため、システムが誰によってどのように使用されているかを知ることができます。

多くを知って多くを実践

Nuxeoでは、必要なワークフローを必要な詳細度で把握できます。深く掘り下げて調べたい場合は、ユーザ数とデータ状態に関するあらゆるシステムイベントをNuxeoインタフェース内から直接取得して、レポート作成やアナリティクスに使用できます。

Nuxeo Platformにネイティブで備わっているデータ可視化機能によって、コンテンツパフォーマンスの推移やコンテンツタイプの比率など、追跡対象イベントおよびデータについて確認したいあらゆる情報を、直感的でわかりやすい形式で表示することができます。Nuxeoは柔軟な設定が可能なため、ご希望の方法で結果を表示することが可能です。

また、TableauやKibanaなどの普段使用しているアナリティクスシステムとNuxeo Platformを簡単に連携させて、必要な数のソースからデータを取得して可視化することもできます。たとえば、Nuxeo DAMイベントの追跡を、ウェブサイトコンテンツ管理(WCM)システムやソーシャルメディア管理(SMM)システムでのイベントの追跡と同時に行えます。

過度に使用されている画像または画像タイプを把握したり、検索頻度の高いコンテンツタイプや、結果をほとんどまたはまったく返していない頻出検索キーワードを特定したり、過去のコンテンツ検索に基づいて入力候補を自動的に表示できたらいいと思いませんか?Nuxeoには、これらをはじめとした豊富な機能がすぐに使える状態で完備されています。また、実装に時間がかからないため、深く掘り下げたインサイトを迅速に得ることが可能です。

Nuxeoの機能の詳細をForrester Wave™ 2018「デジタルアセット管理(DAM)によるカスタマーエクスペリエンス」で確認するか、アナリティクスとデジタルアセット管理の詳細についてNuxeoまでお問い合わせください。