IntegrateAPIファーストを誇りにする会社が多くありますが、一体どういう意味なのでしょうか?

開発者にとって、これは、REST APIまたはCMISを介して他のシステムやアプリケーションとの統合を簡素化することを意味します。また、アーキテクチャが非常にプラガブルで、機能を拡張する多くの拡張ポイントと着脱できることでもあります。APIファーストとは、あらゆる機能がAPIや多くの拡張ポイントによってアクセスできることも意味します。

しかし、ビジネス価値はどうか?

APIファーストプラットフォームで構築されたアプリケーションは、簡単に他のシステムやアプリケーションと統合することができ、レガシーまたは部門別のソリューションによってもたらされる情報のサイロ化を排除することができます。

移行ではなく統合を行う組織は、より生産的で、新しいアプリケーションを市場に出す時間を削減することができ、効果的に既存のインフラを活用することができます。

次は、その一例です。
グローバル広告代理店は、映画制作会社から一連の画像や動画のライセンスを得る必要があります。制作会社から、法務部に対し、使用規約を定める契約書と、市販用の画像と動画が送付されます。

もし、マーケティングチームと法務部がお互いに統合できない異なるアプリケーションを使用していると、このマーケティングチームは、こうした画像や動画をいつ、どこで、どうやって使用できるのか判断するのに苦しむことになり、法務部は、マーケティングが契約の順守規定内で行われているかどうかを判断することができません。

このような状況は、訴訟のリスクを高め、従業員の生産性を低下させ、収益の向上や顧客満足度に悪影響を与えかねません。

多くのスタンダアロンDAMツールとレガシーECM技術は、企業内業務に伴う複雑な処理を管理するのに、既存のシステムやプロセスを効果的に統合することができていません。

そのソリューションがここにあります!NuxeoのハイパースケールデジタルアセットプラットフォームのAPIファーストアーキテクチャによって、既存のシステムやデータソースを現状のまま取り入れ、入れ替え、新しいワークフローに投入することができます。既存のシステムやプロセスを最大限に活用することで、顧客は相乗効果によって、より効率的になり、収益を増加させ、市場では競争力を高めることができます。