社内にコンテンツのサプライチェーンが入ったばかりの頃、ぞっこん惚れ込んだこと、覚えていますか。他のDAMシステムからどんなに横恋慕されても、この絆は壊れないと誓ったはず。でも今や、そんな気持ちはすっかり失せてしまいました。

導入したDAMの本性が早くも明らかになったのです。思ったほど直観的でなく、資産の数と複雑度が増すにつれ、検索の反応も遅くなるばかり。しかも、高価な統合のハードルに、気力がくじけるばかりです。

デジタルアセット管理への恋

レガシーのDAM技術では、今日の要求を満たすことはできません。事業とともに変化して成長していくことのできる無限の柔軟性を持った頑強なシステムアーキテクチャがないレガシーの技術は、これからもずっと、あなたをがっかりさせ続けるでしょう。どんなにたくさんITパッチを施しても、それは変わることがありません。お使いのレガシー製品が、大量の高度な検索をこなせず、資産とメタデータのフルテキスト検索をすばやく実行できないのであれば、入れ替えを考える時です。

DAMは無条件の愛をくれるものであるべきだと、Nuxeoでは考えています。

2月12日(バレンタインデーに間に合います)、Henry Stewart を探し求めることで、次のトピックを取り上げます。

  • 忠誠を誓ってくれるDAMを見つける6つのステップ
  • レガシーDAMとあなたの砕けた心を直す方法
  • DAMへの失恋から前へ進む方法
  • 近代的なDAMの現実を知るための成功事例3件

コンテンツサプライチェーンは御社にとってかけがえのないものです。DAMに一度失望したからと言って、希望を捨てることはありません。

デジタルアセット管理(DAM)ウェビナー