組織の先導者としてペースを定めることはできても、デジタルアセット管理ソリューションがそのペースについていくことはできるでしょうか?

コンテンツへのニーズが12か月から24か月で倍増していると報告している企業が多数存在する中、デジタルアセット管理(DAM)ソリューションが処理する必要のあるコンテンツの量は、2028年までに今日の32~1,024倍になる可能性があります。

そのような長期展望が自分の組織には当てはまらないと考えているとしたら大間違いです。今日のマルチチャネルビジネス環境は、デジタルアセットの増加と複雑化に拍車をかけています。レガシーDAMプログラムが今日のアセットの量とタイプにかろうじて対処できている状態ならば、どれだけの量の修正プログラムを適用したとしても、今後2年間またはそれより長くプログラムを円滑に実行することは不可能です。

Nuxeoは、DAMの課題がどのような深刻な影響を及ぼしているかを把握するため、世界規模で事業を展開している大企業のお客様の状況を調べたところ、レガシーのDAM製品がアセットの複雑化と急増のペースに追いつかず、行き詰まっていることを特定しました。調査の結果わかったことは、検索1回あたりの所要時間が最大で15秒に及んでいることです。つまり、フィルタの追加や単語の変更などの検索パラメータの変更を誰かが行うたびに、その処理に15秒かかるということです。海外のユーザがシステムを使用している場合、この状況はさらに悪化し、システムを同時に使用するユーザが多すぎると、検索がまったく機能しないこともあります。

検索に時間がかかることは、DAMシステムに問題があることを示す最大の兆候の一つです。検索とダウンロードの速度と信頼性が低いと、組織は製品の非効率を補うための回避策に頼るようになり、複雑に入り組んだ一時しのぎのプロセスを生み出す原因となりかねません。

一方、成長を続ける企業は、チームが同じビルに入居しているか、異なるタイムゾーンにいるか、海を隔てた別の国にいるかにかかわらず、コラボレーションを活用しています。遠く離れた場所にファイルを安全かつ確実に転送できることが不可欠ですが、それを実現するには、堅牢で無限に柔軟なシステムアーキテクチャを備えた、モダンなDAMプラットフォームが必要です。大量の検索や高度な検索に対処できず、アセットとメタデータに対する全文検索を高速に実行できないレガシー製品を使用している組織は、今こそ新しい製品に移行すべきです。

DAMに投資するときに考慮すべき五大質問

技術面でリーダーシップを発揮することをミッションの中心に据えているDAMベンダーを選ぶことが重要です。しかし、あらゆるDAMベンダーがそれを約束している状況で、どのようにすれば野心と現実を見分けられるでしょうか?この記事で示す5つの質問に答えると、この区別ができるようになります。

  • 質問1:理想とするDAMは、今後10年間でアセットの量が100倍以上に増加した場合にも簡単に拡張でき、優れた即応性を維持できるものですか?

DAM製品の拡張性に制限があると、その影響は考えているよりも速く生産性の低下として現れます。今日保存されているアセットの2倍または3倍の量に現行のDAMが対応できるかどうか定かでなく、また、システムの動きを妨げることなく今日アップロードできるファイルの2倍のファイルサイズに現行のDAMで対応できるかどうか確信を持てない場合は、システムの老朽化が進んでおり、より堅牢な代替システムを検討すべき時期が到来していると考えるべきです。画像のレンダリングや動画のプレビューで遅延が生じており、大容量ファイルの転送を自信を持って行えない場合は、既存のDAMが深刻な状況にあります。

  • 質問2:DAMベンダーは、将来の成長に関して綿密に計画された、実証済みのロードマップを提示し、技術的な実行可能性と製品の卓越性の限界を定義していますか?

「顧客主導のイノベーション」を謳い文句にしているテクノロジーベンダーは、顧客離れのおそれがある場合にしか投資しようとせず、ニーズを先取りして満たしてくれる相手ではありません。優れたベンダーは、技術的な実行可能性と製品の卓越性の限界を押し広げようと努力します。将来に通用する製品の提供に取り組んでいるベンダーは、将来の動向を予想する力に長けています。なぜならば、これらのベンダーこそが時代の流れを作っているからです。特に優れてもいない機能を追加するだけでは、ベンダーが競争に打ち勝つことはできません。ニーズを満たす適切なDAMを選ぶにあたっては、その点に注意することが必要です。

リッチメディア

  • 質問3:DAMベンダーはリッチメディアの管理にどのように対応していますか?

静止画像ライブラリを維持するためのツールとしてDAMが利用されていたのはもはや過去の話しです。4K動画、3D画像、複雑なアニメーション、AR、あるいはこれから登場する最先端アセットなど、あらゆる種類の最新のリッチメディアを簡単に検索、作成、再利用できなければなりません。

  • 質問4:検討中の新しいデジタルアセット管理プラットフォームはどの程度の拡張性を備えていますか?

Nuxeoでは、「無限」の拡張性が必要だと考えています。前世代のDAM製品は、同じ地域の複数の拠点で使用することはできますが、対象範囲が全世界に広がると問題が生じます。あらゆるユーザが世界中のどの場所からでもコンテンツに即座にアクセスすることを可能にするDAMを検討すべきです。

  • 質問5:どのぐらいの高速処理が必要ですか?

検索に3秒以上かかり、ピンポイントクエリを行わないと正確な結果が得られない場合は、時間の無駄です。距離や時間帯、システムサイズや同時ユーザの数にとらわれることなく、全文検索とキーワード検索を行って、ウェブ検索と同様のスピード(100ミリ秒未満)で結果を得ることのできるDAMを検討すべきです。

これらの質問に対するNuxeoの答えの詳細は、デジタルアセット管理ページでご確認いただけます。