デジタルアセット管理で大きな成功を収めている大手CPGメーカーの事例をご紹介します。

お好みのパスタソースを思い浮かべてください。そのソースはどのような材料でできているでしょうか?トマト、唐辛子、オイル、スパイス、そして無数のEメール。そうです。

悲しくも、それが消費財(CPG)メーカーの置かれた現状です。パスタソースを作るための物理的なサプライチェーン(農場から製造工場、スーパーマーケットまで)に加え、この商品が消費者の食卓に届くまでには、デジタルサプライチェーンも必要となります。適切なデジタルアセット管理(DAM)ソリューションが導入されていなければ、このサプライチェーンを管理するのは大変困難になります。

来週のウェビナーでは、ある大手消費財(CPG)メーカーによるデジタルアセット管理の課題への取り組みをご紹介します。

David LipseyとHenry Stewartが率いるチームとともに、[DAMを正しく実装する5つの方法と、避けるべき大きな間違い](http://henrystewartconferences.com/damcpd/#GetDAMImplementationRight)についてお話しする予定です。

具体的には、ワークフローの合理化、動画や画像の検索を迅速かつ容易にするためのeコマースの利用など、リッチコンテンツアセットの管理のあらゆる側面にDAMシステムを活用している企業の成功事例をご紹介します。

DAMソリューションをお探しの企業、DAMイニシアティブを大成功に導きたい企業、デジタルトランスフォーメーションイニシアティブの一部としていつ[どのようにDAMシステムを実装すべきか](/events/dam-best-practices-implementation/)を検討中の企業は、ぜひご参加ください!

このウェビナーで取り上げる内容は以下のとおりです。

  • 複数のビジネスサイロに分散されたコンテンツを検出できるようにすると、生産性が向上し、デジタルトランスフォーメーションの取り組みが後押しされる理由。
  • 実際には存在しないシステムも含め、他のシステムに接続する方法。Nuxeoによく寄せられる質問、「DAM、PIM、WCMが必要なことは承知しているが、どれを最初に導入すべきか?」に対する答えもご説明します!
  • 綿密に実装されたDAMソリューションが大幅な売上増加につながる仕組みとその理由。
  • 柔軟かつ俊敏に対応できるようにしておくことが重要である理由とその方法。
  • デジタルアセット管理のアプローチが十分に積極的であるか、あるいは積極的すぎるかを知る方法。

ここまで読んで皆さんは、「なかなか興味深いが、ウェビナーやスライドは内容が薄く、退屈な場合が多く、やらなければならない仕事が他にたくさんある」とおそらく考えているのではないでしょうか。

その気持ちはよくわかります。だからこそ、冒頭でパスタソースに当てはめて説明したわけです。もしもこのウェビナーが、皆さんが今までに味わった(参加した)ウェビナーの中で一番おいしい(興味深い)ものでなければ、返金すること(皆さんにごちそうすること)をお約束します。

ぜひご参加ください。ウェビナー「デジタルアセット管理のベストプラクティス」の参加登録は[こちら](/events/dam-best-practices-implementation/)からどうぞ。