LTS 2016向けWeb UI 1.0が遂にリリース!

「Web UI」はNuxeo Platform向けの最新Webクライアントです。応答性に優れて設定可能、かつ拡張性の高いWeb UIは、さまざまな新しいUX機能を備え、Web Components標準を活用した最新のJavaScriptスタック(Polymer)上に構築されています。Web UI 1.0がリリースされ、Nuxeo Platform LTS 2016向けに提供が開始されたことを喜んでお知らせいたします!つまり、今後はユーザ向けメインUIとしてWeb UIを選択し、設定と拡張を行って、LTS 2016向けにリリースされたホットフィックスのメリットを得ることが可能になります。

検索フィルタ

アナリティクス

Web UIのリリースサイクル

Web UIはNuxeo Platformのリリースサイクルに従います。すなわち、LTS 2016向けWeb UIの機能範囲は現在凍結されており、新機能は「ファストトラック」リリースサイクルに従って提供されることになります。そのため、次回リリースされるWeb UIのバージョンはNuxeo Platform 9.2向けWeb UIアドオンとなり(7月にリリース)、それに続いてNuxeo Platform 9.3向けアドオンがリリースされるというサイクルが、LTS 2017が11月にリリースされるまで続けられます。ただし、既存のアドオンには例外が適用される場合があります。たとえば、既存のアドオンをLTS 2016向けWeb UIに移植する必要のあるお客様については、お客様のケースを評価したうえで、その実現可能性を検討いたします。便益を図るために主要アドオンはすでに移植されていますが、プラットフォームにネイティブで統合されるその他のアドオン(Diff、スマート検索など)はLTS 2016向けに移植されません。

Studioを使用したWeb UIの設定

Nuxeoでは、Web UIアドオンの実装だけでなく、この新しいUIを設定およびカスタマイズするための新しいStudioエディタのセット、「View Designer」の実装にも注力しています。このView Designerを使用すると、以下をはじめとしたWeb UI内の実質上すべての要素を設定し、拡張できるようになります。

  • 文書フォーム
  • ワークフロー
  • ピル(別名「タブ」)
  • ダッシュボード画面
  • 検索画面
  • フォルダビュー
  • 文書アクション
  • ツリールートのブラウズ
    その他

フィードバックをさらに得てから全面的に運用開始することを予定しているため、View Designerはまだ完全には公開されていません。お客様は、サポートヘルプデスクを通じてView Designerへのアクセスをリクエストできます。必要なドキュメント、Nuxeo Universityの各トラックおよびチュートリアルには、以下のリンクからアクセスできます。

Nuxeo University

コース:

トラック:

チュートリアル:

JSFからの移行

JSFアプリケーションに基づくプロジェクトを移行する必要がある場合は、カスタマイズの内容を新しいコンセプトにマッピングできます。Nuxeoは、JSFからWeb UIにフォームの定義を移行するためのツールを今年中に提供する予定です。このツールにより、HTMLファイルの生成に要する時間を短縮することができます。また、タブユーザアクションの移行に関するヘルプも提供する予定です。

ロードマップ

今後数か月間でView Designerに関するフィードバックを皆様から収集し、ユーザ/開発エクスペリエンスのさらなる向上を図ります。

以下は、今後重点的に取り扱うWeb UI関連トピックの例です。

  • 検索結果でのテキストのハイライト表示
  • 複数ページにまたがる検索結果のスクロール
  • コンテンツの一括ダウンロード
  • メタデータレイアウトの修正

Web UIのロードマップにはこちらからアクセスできます。また、LTS 2017にPolymer 2.0を使用するかどうかの評価も現在進めていますので、今後の進展にご注目ください!