バーチャルリアリティによるより豊かなDAMエクスペリエンスの可能性を探求する


Tue 21 March 2017 作成者: Adilio Araujo, Miguel Nixo

バーチャルリアリティ(VR)は最近、大きな潮流となっていると言ってよいでしょう。HTC ViveやOculus Riftなどのハイエンドソリューションには強力なツールがありますが、VRの普及もまたVRアプリケーションを実行できるデバイスの領域拡大に強く関連している可能性があります。Google CardboardDaydreamは、標準のスマートフォンとその機能を活用して、VRが利用者にとって実際の「現実」になる代表的な例です。数年前のスマートフォンを所有していて、数枚の段ボールを折り畳むことができるなら、十分にVRを使い始める資格があります。

Nuxeoでは、新しいテクノロジーに関する知識があり、常に最新の技術で新しい可能性を探る機会を探しています。より豊かなデジタルアセット管理(DAM)エクスペリエンスを実現する可能性を秘めた世界となるVRが考えられます。このような代替現実では、典型的な2次元のポイント・アンド・クリック手法に限定されることはありません。VR環境でレンダリングされたデジタル資産の3Dモデルを考えてみましょう。その実現には、DAMの新しい対話のコンセプトを探求し、テストする必要があります。そこに取り組みました。

Nuxeo Cardboard - Hackathon DAM/VR同僚のAndrei Nechaevは、リスボンで開催されたNuxeo Kickoff 2017で、VRハッカソンを提案しました。

課題は、「VRとデジタルアセット管理」をメインテーマとしたソリューションを開発し、そのイベントに出席したすべての人に公開することでした。

ハッカソンの提出ルールは非常に簡単で、特に厳格な制限はなく、プロトタイプとプレゼンテーションの両方のエントリーが可能です。したがって、プログラミングが自分が開発したものではない場合でも、あなたのアイデアを共有することができます。これこそすべての人に開かれたイベントでした。

Nuxeo VRハッカソン

テーマの取組みを決めた開発者の場合は、Google VR SDKなどの技術の使用が提案されました。こうした技術は、Google CardboardやDaydreamをサポートするスマートフォンのVRアプリケーションを開発するためのAPI、ツール、サンプルの完全なセットを提供します。これで、作業に取り掛かりました。

まったく新しい次元を探究するに伴い、ユーザエクスペリエンスには新たな課題が生じます。奥行き知覚、空間オーディオキューおよび補助コントローラは、すべてを融合して、より一層豊かで直感的なインタラクティブな体験を創出することができます。

現実世界であり、シミュレーションではないと感じるように、人間の脳を騙すのに必要な既知の要件(ヘッドトラッキング遅れ、視野、画像解像度およびフレームレート)がありますが、私たちは(従来の2Dキャンバスと比較して)かなり異なるフォームファクタで、現実的で没入感のあるユーザエクスペリエンスを設計しようと考えています。

これらの課題のいくつかを特定するための技術の進歩が達成されています。VR開発を試したい場合は、Google Cardboard用の設計ガイドは、技術的な見地からだけでなく、生理学的考察も考慮しながら、ベストプラクティスとパターンを学び始めるのに適しています。

ハッカソンの提出には、ブラウジング、視覚化、ユーザ対話に対応する幅広いソリューションが含まれていました。フローティングアセットグリッド、没入型世界に囲まれたパネルやビューポートVR環境でレンダリングされた3Dモデルの視覚化など、資産のライブプレビューもあります。多様なユーザインタラクションアプローチのセットは、視線認知のウィジェットブルートゥースコントローラスピーチ認識、さらには例文検索やアセット操作のような面白いパターンで構成されていました。

GitHubでこれらのソリューションをいくつかご覧になれます。

Thierry Delprat制作のNuxeoVRアセットブラウザ
https://github.com/tiry/nuxeo-vr-assets-browser
テクノロジー:A-Frame + Nuxeo JS Client

Adílio Araújo制作のHolodeck
https://github.com/adilioaraujo/holodeck
テクノロジー:Google VR SDK for Android + Polymer + Nuxeo Elements

Miguel Nixo制作のImmersive Asset Retrieval & Visualization
https://github.com/mnixo/nuxeo-vr-hackathon
テクノロジー:Unity3D + Google VR SDK for iOS

このイベントは、DAMと組み合わせた場合のVRとその可能性に関する突破口を開きました。成果とフィードバック、ともに期待を上回りました!

VRの将来はどうなるでしょうか?DAMの可能性を引き出す次の大きなステップになるでしょうか?そうであるならば、その時に対応する準備はできています!


タグ付き: Digital Asset Management, Virtual Reality, Insight