コラボレーション、ストレージ、および検索を容易にするためにエンタープライズコンテンツとデジタル資産を編成する必要があることは、以前から考えられていました。しかし、今日のデータ駆動型の世界では、それははるかに複雑になっています。それはあなたのデータの価値を最大化することなのです。たとえば、メディアや広告代理店を考えてみましょう。デジタル資産はその事業の中核を構成しています。重要なことは、ファイル自体ではなく、その周りのメタデータです。知的財産権、ポストプロダクションマネジメント、タレントの権利など、このデータを貴重なデジタル資産に変えることは簡単なことではありません。間違った場所で間違った資産を使用すると、代理店には大きな負担がかかりかねません。

グローバルな組織は、デジタル資産の価値を最大限に引き出し、デジタル化を推進する取り組みを進めています。次の5つのステップは、次世代のデジタル資産ソリューションを構築するために行っている重要な手順です。

  • メディアファイルの保存以上の機能を実現する:デジタル変換を実現する組織は、コンテンツやメディアファイルを管理・維持するだけでなく、それ以上のことを視野に入れています。すべてのエンタープライズコンテンツとデジタル資産を部門間で連携させ、サイロ式格納を排除して、新しいビジネスモデルを作成することができます。効率の良いデジタルアセット管理ソリューションは、ファイル中心のワークフローの制限を排除し、よりダイナミックなデータモデルを可能にし、組織全体の堅牢なエンゲージメントを実現します。

  • デジタル資産の可能性を最大限に引き出す:すべてのデジタル資産を識別・認識し、その可能性を最大限に引き出すことにより、企業は事業とそのコアプロセスにデジタル資産を深く組み込むことで、新しい価値を引き出すことができます。たとえば、Electronic Arts社は、Nuxeo Platformに基づいて構築された非常に安全なECMアプリケーションを使用して、ビデオゲームビルドの知的財産権を保護しています。資産の種類、サイズ、複雑さの制限を受けることなく、無制限のデータ属性を提供するソリューションにより、組織はエンタープライズ規模で最も複雑なビジネスワークフローやデータモデルでも展開できます。

  • 機動性を堅持:企業のデジタルアセット管理戦略を継続的に反復・適応・革新するには、ビジネスのスピードに追いつく、または一歩先を行く必要があります。ハイパースケールのデジタルアセット管理システムを使用すると、貴重なデジタル資産を活用する新しいワークフロー、ビジネスプロセス、ナレッジ共有をすばやく取り入れることができます。TBWAはNuxeo Platformを使用して、リッチで複雑なメタデータモデルとカスタマイズされたワークフローを開発し、クライアントのメディアアセット管理の課題を3週間で解決しました。

  • 既存のシステムを活用する:組織がビジネスの変革を経験するにつれ、既存のIT投資を最大限に活用することが重要になります。完全な置き換え戦略は効率的ではないし、迅速でなくコスト効率にも優れていません。成功した組織は既存のソリューションを活用し、従業員はGoogle Docs、Adobe CCまたはSalesforce.comのように既に知っていて好きな製品を引き続き使用することができます。こうした組織は、既存のシステム、製品、データソースを現在の投資に最大限に活用できるように「現状のまま」および「現場に」統合できるAPIアーキテクチャをベースにしたソリューションを選択しています。

  • クラウド向けに構築する:ほとんどのECMプロバイダーはクラウドでソリューションを提供していますが、成功した組織が求めているのは、クラウド向けに構築されているソリューションです。これは、何十億ものオブジェクトの容量と無制限のプロパティと属性によりクラウドの弾力性をサポートするソリューションです。クラウド内(GoogleドライブやDropboxなど)での、クラウド展開インフラストラクチャとエンタープライズファイル共有システムとの深い統合は必須です。これにより、現時点でのクラウド環境向けのソリューションが構築され、将来発生する可能性のあるビジネス要求を柔軟にサポートできます。

デジタル変換はこれまでになかったような新しいビジネスチャンスを生み出しています。複雑性、容量、多様性が増大するデジタルコンテンツとその配信チャネルの管理に取り組む企業には、新たな課題も生じています。

エンタープライズコンテンツとデジタル資産の価値を最大限に引き出し、従来のECMとデジタルアセット管理テクノロジーの限界から脱却するには、デジタル資産戦略をハイパースケールのプラットフォームアプローチに移行する必要があります。その成果として、デジタル変換が将来にわたってビジネスを成功に導く原動力となります。