ハイパースケールデジタルアセット管理 - DAMの落とし穴に気をつけよう


Thu 27 October 2016 作成者: Lisa McIntyre

Hoover Dam業界の略語に従い、デジタルアセット管理(Digital Asset Management)システムをDAMと略して、「ダム」をイメージするといいでしょう。フーバーダム三峡ダムのように、巨大、大規模、強力、強靭で、企業の大量のコンテンツを抱え込むことができます。

なぜ水のように流動的にできないのか?

今日のビジネスの世界においては、変化は常であり、技術は日進月歩で向上しています。よって、壁のように仕切るのではなく、水のように留まることを知らないデジタルアセット管理システムを構築する時が到来しています。 事業内の関連性を維持するために、デジタルアセット管理システムには、流動的で柔軟性があり、技術環境の変化に対応する能力が求められます

DAMがイメージとして一枚板の構造になっていると、技術と共に進化することは難しくなります。一枚板の強固な構造内でコンテンツモデルやその他の機能に変更を加えるには、時間やコストがかかることになります。最新かつ最高のテクノロジーを取り入れるには、次にリリースされるメジャーアップデートを待つことになります。

Nuxeoでは、DAMはもっと水のようなものだと考えます。流動的で柔軟性があるのに、非常にパワフルなのです。ビジネスモデルの変化に伴い、プラットフォームも変化することができ、技術を革新し、新しい技術を使用することができます。新しい技術が登場すれば、統合/APIを介してプラットフォームに取り入れます。コンテンツモデルの観点では、たくさんのプロパティを無制限に取り入れ、各プロパティは必要に応じて簡素化したり複雑化したりすることができます。プロパティが当社のグラフィックベースの構成ツールを介してビジネスルールやワークフローと結び付いている場合、コンテンツは、必要なところに、必要なときに、必要とする人に送ることができます(また、阻止されることはありません)。

「構造的な」観点では、Nuxeoプラットフォームは、ニーズの変化に応じて変化するように設計されています**。単一サーバで実行したい場合も、大丈夫です。変換のためにリッチメディアを別のサーバに送信する必要がある場合も(そのため、ウェブサーバにウェブトラフィックを処理させることになる)、問題ありません。noSQLを実行する場合も、クラウドでも、クラスタでも。もうおわかりでしょう。

流動的。水。フロー。


タグ付き: Digital Asset Management, Nuxeo Platform, Insight