この惑星(念のために言っておくと地球のことです)の誰もが知っている通り、Nuxeo Studioは最高のツールです。少なくともNuxeo向けアプリケーションであるBCSPWUの構成については確かにそうです。

BCSPWUは何の略語かわかりますか?Content(コンテンツ)Services(サービス)Platform(プラットフォーム)が「CSP」の部分になります(ところで、ECMをまだご使用の方、[生き残りたいのなら]CSPに移行してください(/ja/blog/what-is-content-services-platform/))。B、W、およびUについては・・・実は適当に作りました。Best in the Whole Universe(宇宙最高)ってやつです。少々誇張してるように見えるかもしれませんが、私は筋金入りのNuxeoファンなので、Nuxeoは実際にBest Content Services Platform in the Whole Universe(宇宙最高のコンテンツサービスプラットフォーム - BCSPWU)と心から言うことができます。

Nuxeo Studioはプラットフォームを構成するためのツールです。さらに、SaaSアプリケーションであるため、ユーザが指一本動かすことなくブラウザが定期的に自動更新してくれます。これこそがSaaSアプローチの魔法です!そしてNuxeo Studioでは、最新情報についてあなた(ユーザ)にそっと教えてくれます。あなたが非常に細かい人なら、当社のドキュメンテーションページで全変更リストをご覧いただけます:Nuxeo Studioリリースノート

ここ数カ月で、次のようなかなり面白い情報をあげておきました:

  • Designerでは、何回かドラッグアンドドロップとポイントアンドクリックを繰り返すだけでテーブルレイアウトを構成してプロパティを設定できます。なかなかでしょ。Nuxeo UniversityのSearches - Configuring searches with Studio Designer(検索 - Studio Designerの検索を構成する) レッスンを参照してください。
  • Node/Workflow(ノード/ワークフロー)変数に制約を設定できます。
  • Document Type(文書タイプ)定義では、WebUI SVGアイコン(作成ダイアログボックスで使用されます)を設定できます。

おっともう一つ!

  • リソースを無効にすることができます!削除せずに無効化し、テストした後に有効にすることも除去することもできます。ほんとにすごいですよ。
  • 「それだけではありません!」(全部書きたくないときに使うセリフですね)。

今日は最新(2018年6月3日現在)の、いずれは必用となるとてもクールで超最高に素晴らしい機能についてフォーカスしたいと思います。

典型的なコンテキストを説明しましょう。Nuxeo Platformサーバーで、nuxeo-visionnuxeo-3d、またはnuxeo-signature などいくつかのプラグインを展開したとします。これを行った理由は次のようなものでした:

  • カスタム自動化チェーン(通常)内部から呼び出したいため、そのうちの一部からのオペレーションを使用して露出する(nuxeo-visionから「VisionOp」、またはnuxeo-signatureからは「Services.SignPDFDocument」)。
  • 露出するスキーマ、文書タイプ、ファセットを延長/上書き/使用する(そしておそらく、作成するカスタム3D文書について「ThreeD」ファセットをチェックする)。

この新しいStudio機能の前に、Studioプロジェクトレジストリ に必要事項を手入力する必要があったと思います。大変だったわけじゃありません。文書化されて説明されていましたから(オペレーションのJSON定義のインポート方法など)。プライベートプラグインにも必要ですし(あれば)。ちょっと面倒くさかっただけです。

2018年5月末から魔法がかかりました。

パブリックのマーケットプレイスパッケージでこれが不要になりました - Nuxeo Studioが定義をインポートしてくれるのです… それも自動的に!

感嘆符を多用しすぎかもしれませんが、それだけすごいってことです。

アプリケーション定義で必要なパッケージを選ぶだけです。そのオブジェクトはStudio:

Nuxeo Studio SelectPackageで露出されます

それが本当ってことを確かめるため、私が作成したビデオを見てください。




言ったでしょ?Nuxeo Studioはすごいのです!(これから先もね)