Nuxeo Platform LTS 2016の紹介


Thu 22 December 2016 作成者: Alain Escaffre

Fast Trackのリリースから1年、本年を締めくくるのにふさわしく、予定通りNuxeo Platform LTS 2016をリリースしました。パリ、ニューヨーク、リスボンで成長を続ける技術開発チームとともに、1年間熱狂的なコミットがあり、私にとっては興奮冷めやらぬ年となりました。統計によると、すべてのアドオン、クライアントSDK、モバイルアプリケーション、Desktop Synchronizationアプリケーション、サイドコードリポジトリで作成するその他のソフトウェアを別にしても、500万以上のコードラインを含むNuxeo Serverの主要なコードリポジトリには、毎月2500件を超えるコミットがあります。最終的な成果として、Nuxeo Platform LTS 2016およびそのアドオンとクライアントアプリケーションのセットが公開されました。

##市場の最も実績のある、信頼性の高いスケーラブルなコンテンツリポジトリとして、当社の立場を確立する

ベンチマーク

コンテンツの作成と取得に驚異のパフォーマンスを発揮し、10億件の資産を獲得しました。こうした成果の陰には、プラットフォームのあらゆる要素に集中した1年間に及ぶ作業がありました。

  • 時間を不必要に浪費していないことを確認するために、インデックスまたはリポジトリからクライアント側のAPIに情報を取り込む方法を徹底的に見直しました。
  • APIを最適化し、MongoDBのシャーディング機能を適切に活用できるようにしました。
  • ベンチマークの自動化を中心にツールをいくつか実装しました。弊社の社内ツールの品質レポートを見るには、benchmarks.nuxeo.comを参照してください。

管理資産の数はひとつの例ですが、プラットフォームは情報を保存するだけではありません。たとえば、非同期ワーク永続性スタックを改良し、Redisのフットプリントを削減し、変換作業指示書などのさらに多くの作業をキューに入れることで、非同期処理管理のスケーラビリティを向上させました。

##プラットフォーム戦略による優位性の構築を継続

JSF/Seamの依存関係を削除することで、コアサーバの配布を軽量化しました(Nuxeoパッケージとして利用可能です)。次の機能も追加しました。

  • 追加のクライアントSDK(.NET、PHP、Python)、完全に書き直した他のクライアント(JavaScriptやJavaクライアント)
  • 追加のNoSQLバックエンドとしてのMarklogic
  • プラガバブルイベントパイプ、外部のキューイング戦略(KafkaやMQシリーズなど)

イベントパイプ

  • 多くのREST API機能:ディレクトリ、コンテンツアップロード、通知、検索、コレクション、ロック情報など、既存の機能のリストを完成させるために、今年はエンドポイントとコンテンツエンリッチャーが15以上実装されています。
  • コンテンツ指向のビジネスアプリケーションを構築するための大規模なWebコンポーネントセットhttps://elements.nuxeo.comを参照)。これらのコンポーネントを使用すると、無料のフォーム、タスク管理、検索などに無制限にアクセスできる強力なビジネスブラウジングロジックを使用して、カスタムフロントエンドアプリケーションを非常に迅速に構築できます。

ドキュメントacl

  • OneDrive、Box、Dropbox、Google Driveとの統合

##エンタープライズデジタルアセット管理ソリューション(DAM)における当社の優位性を強化する

  • 新しいアセットブラウザとマネージャNuxeo Web UIは、今後数ヶ月間ベータ版になっており、まったく新しいブラウジング体験を提供し、コンテンツのキャプチャ、ブラウズ、検索、およびビジネスプロセスの管理に最適な機能が利用できます。

Web UI

  • 知的財産の保護を改善し、業務の重複を避け、情報の整合性を維持する目的で、アセットのエンドツーエンドの制御を提供するために、統合とアプリケーションをプラットフォームに追加しました。たとえば、資産を共有するプロバイダ/顧客と接触している営業担当者は、CRM(Salesforce)UIからこれらの資産をインポートすることができます。これらの資産はDAMリポジトリに格納され、システムは、自動化されたワークフローを開始し、顧客の検証前に(たとえば、モバイル・アプリケーションを使用して)改善/変換のための資産を設計者に割り当て、公開する能力を持つことになります。この連鎖では、すべての関係者がいつでも同じアセットを参照し、リポジトリを介してアクセスする独自の方法で、アセットを誰が活用できるかを簡単に制御します。この使用例では、3つの新しい統合を活用しました。
    • Salesforceコネクタ:顧客指向のエンタープライズワーカーがCRMユーザインタフェースからDAMリポジトリを満たし、Nuxeo Direct Editを使用して、その場でコンテンツを編集できるようになりました。
    • Adobe Creative Cloud:クリエイティブチームは、PhotoshopとInDesignのUIの中にNuxeo Digital Asset Platformを統合したプラグインを使用して資産を簡単に処理できるので、資産の選択には非常に便利です。
    • Native AndroidiPhoneアプリケーションによって、ドキュメントをいつでもどこでもプレビューすることができ、長いエンタープライズレビューサイクルが迅速化されます。

Mobile App

  • 新しい変換とフォーマットのサポート
    • 3Dフォーマットのサポート(コントロール、シーン抽出、メタデータ抽出による3D事前視覚化)
    • ビデオ処理(カット、スライス、透かし、字幕抽出、マージ)の新しい操作セット
    • PDFアセンブリツールキット。PDFを複数の部分に分割し、PDFをマージし、透かしを入れる機能を含む。
  • 重いメディアリソースへのアクセスを迅速化:ダウンロードの迅速化のためにローカルネットワークにキャッシュを導入したいマルチサイト組織向けに、プロキシエッジキャッシュを実装しました。Nuxeo Edge Cacheは、ローカルネットワークごとにインストールできる、完全に安全なソリューションを提供します。

Nuxeo Edge Cache

  • 恒久的なアカウントを必要とせずに、電子メールの招待状でコンテンツアプリケーションを使用できる、認証されていないユーザに簡単なアップロードボックスを提供します。

##開発者と開発・運用担当者が好むプラットフォームとツールを構築する

Nuxeo Platformの最初のバージョン以降、技術的な設計とプロジェクト実現のための利用可能なツールが主な懸案事項でした。今年はこの分野で3種類の画期的な製品をリリースしました。

  • Studioのブランチ管理。ビジネスロジックを実装するためのツールであるStudioで行う設定のブランチを作成できるようになりました。たとえば、機能ブランチ、マスターブランチ、メンテナンスブランチを作成することができます。これにより開発者は、マスターブランチに影響を与えることなく、メンテナンスブランチで作業したり、機能を実装したりすることができます。
  • コード生成:Nuxeo Code Generator("yo nuxeo")では、新しいプロジェクトをブートストラップしたり、Nuxeoパッケージを作成したり、プロジェクトに自動化操作を追加したりすることができます。
  • Nuxeo Dev Tool Extension: ChromeFirefoxでは、プロジェクトのホットリロード、JSONエクスポート、オートメーショントレースのアクティブ化などの機能にアクセスできます。

Nuxeo Dev Tools

  • これまで通り、シンプルなzip、MSI、BREWインストール、Docker、VM、Cloud Formation、Azureなど、さまざまな種類のインストールが可能です
  • nuxeoctlパッケージ管理の改善

こっそり先駆けてお届けします! これらの機能をまだチェックしていない場合は、LTS 2016をダウンロードしてください。


タグ付き: Nuxeo Release, Nuxeo Platform, Features