ITシステムは真空状態に置かれているわけではありません。特にデジタルアセット管理システムは、多くのソースから資産を摂取し、さまざまなユーザに配信しています。加速化されたDAMのイノベーションを活用する方法、またより幅広いテクノロジーエコシステムにおけるDAMの役割について事前に検討しておけば、莫大な利益が待っています。

弊社の無料eBook、DAMバリュートラップを避ける: DAMベンダがあなたに質問してほしくない10の重要な質問には、考慮すべき2つの重要な統合の問題が含まれています。

1.このDAMが新規のクラウド機能を簡単に活用する方法はあるか?

DAMが提供する機能の多くは、個別で弾力的なクラウドサービスとして利用できるようになりました。たとえば、動画用のAmazon Elastic Transcoder、機械学習アルゴリズムによる画像の自動タグ付け用のGoogle VisionとAmazon Rekognition、共同編集用のGoogle Docsなどです。これは、クラウドストレージなどの重要なバックエンドサービスに追加されるものです。これらの機能は、莫大な価値をもたらし、インターネット大手企業の投資と規模の経済を活用して、DAMが提供できるイノベーションのペースを大幅に高めます。

2.DAMを現在および将来のマーケティングスタックに簡単に統合する方法はあるか?

Chief Martec社によると、マーケティング技術ベンダの数は、2011年に150社だったものが、2016年には3500社と、23倍に増加しています。あなたが見ているDAMは、何らかの形式でコンテンツに結びついている場合がほとんどで、すべて他のさまざまなツールに統合されています。しかし、特定の商取引エンジンや、Webコンテンツ管理システム、分析プラットフォームなどとの統合に頭を悩ませる必要はありません。重要な問題は、今後何度も繰り返す可能性があり、将来的に必要となるものを、どれだけ簡単に統合できるかということです。

これらの点に関するベンダまたは候補リストのテストの詳細については、ebookをダウンロードしてください