ポルトガルのリスボンで先日開催されたLanding Festivalには、Nuxeoの関係者が多数参加しました。優秀な人材と交流し、Nuxeoのさまざまな側面について紹介する、大変有意義なイベントとなりました!

##Landing Festivalとは?
Landing Festivalは、ヨーロッパ最大のハイテクジョブフェアです。このイベントの目的は、人材紹介会社を介在させずに、ヨーロッパの優良ハイテク企業とハイテク求職者が実際に会って話をする機会を設けることです。参加者は、より活気的で内容が濃く、これまでの常識の枠に当てはまらない採用プロセスを体験できます。2日間にわたる今回のイベントでは、ワークショップや講演、専門家による講習会、豊富な求人情報の紹介のほか、人脈づくりにもってこいのパーティーも開催されました。

Nuxeoチーム

Nuxeoは、オープンソースのコンテンツサービスプラットフォームにちなんで、「オープンキッチン」をテーマにした展示ブースを開設しました。ブースには、木製展示フレームと植物、Nuxeoロゴが光り輝くバーカウンター、求人情報やナイトリービルド、広範なGithubリポジトリを紹介したiPad数台が置かれました。もちろん、一大イベントの必須アイテムである生ビールとナッツ類、クッキー、リスボンのサーディンが振る舞われたほか、Nuxeoのクールな製品も展示されました。

ジョブフェア初日は、来場者の流れがとぎれることなくNuxeoブースに訪れ、そのほとんどを、フロントエンドとバックエンドの開発者、サポートエンジニア、実装エンジニアが占め、中にはデータサイエンティストやAI愛好家、大勢の学生やコーディングブートキャンプの卒業生、QAテスターも数人いました。ブースでは、多くのリスボン出身者に加え、ポルトガルやヨーロッパ、さらにはオーストラリアやカナダから参加しているという優秀な人材とも話をする機会に恵まれました!

##Nuxeoの宣伝と紹介
Nuxeoのブースには、生ビールを無料で振る舞ったこともあり、他社のブース担当者も大勢足を運び、Nuxeoの業務内容(そして社員満足度の高さ)についての説明に興味深く耳を傾けていました。

初日の締めくくりに開かれたボートトリップイベントは、落ち着いた雰囲気の中で少数の求職者と話をし、互いについて深く知り合う良い機会となりました。また、さまざまな経歴の参加者と意見交換できたという意味でも、大変有意義なイベントとなりました。

2日目は来場者の数が大幅に増え、Nuxeoリスボンオフィスの社員がさらに加わり、ブース訪問者との会話に忙しく対応しました。

何人もの優秀な求職者と交流できたため、近い将来に優れた人材がNuxeoチームに加わるものと期待できます!

リスボンのNuxeo担当者

2日目の最後には、盛大な船上パーティーがタホ川で開かれました。2017年Landing.jobs最優秀採用プロセスアワードの受賞者であるNuxeoが主催したこのパーティーは大成功となりました。パーティーの出席者は、当初予想されていた90名を大きく上回り、200名を数えました!NuxeoのXをかたどったピニャータからベリーダンサー、Nuxeo特製のさまざまな景品まで、盛沢山な内容のパーティーでした。Nuxeo Platformに関するQAカードを正しく組み合わせることができた出席者に、ピニャータを割る権利が与えられたわけですが、正答者が多かったことが示すとおり、Nuxeoの認知度がこのパーティーで大きく高まったことは間違いありません。

総じて言うと、Landing FestはNuxeoにとって大変満足のいくイベントとなりました!ポルトガルのハイテク市場でNuxeoを売り込む絶好の機会となっただけでなく、当社の成長と繁栄を今後も支えていく優秀な人材を発掘する機会にもなりました。

Nuxeoの一員になることにご興味がある方は、ぜひ当社の求人情報をご覧ください。