ブログ作成者:
Melissa Webster(IDC社コンテンツ・デジタルメディア技術プログラム担当副社長)

顧客にとって素晴らしいデジタルエクスペリエンスの魔法は、コンテンツとデータの接続から生まれます。コンテンツとデータが適切に管理され、一様にアクセスできるようになると、魅力的で、適切でタイムリーなエクスペリエンスとして結合することができ、顧客を引き付け、コンバージョンを促進し、アドボカシーを促します。

こうした方程式のデータ面では、企業がモノのインターネット(IoT)でウェブ、モバイルアプリ、ソーシャルネットワーク、および接続されたデバイスから取得した行動データを含む新しいデータソースとトランザクション履歴を組み合わせることで、顧客のコンテキストがさらに豊かになっています。ビッグデータ分析を使用して洞察を収集する機会は、無限と言っていいのです。コグニティブコンピューティング、機械学習、人工知能を活用することで、企業はますますパーソナライズされたエクスペリエンスを提供することができます。

しかし、こうした方程式のコンテンツ面は、多くの企業にとって大きな課題となっています。企業のデジタルアセット管理(DAM)ソリューションがなければ、資産は多くの場合、次のようなさまざまなシステムに分散されます。

  • ファイル共有
  • クラウドファイル同期および共有(FSS)ソリューション
  • パッケージング、アーカイブおよびその他の機能を担う部門別DAMシステム
  • マーケティング資源管理とキャンペーン管理システム
  • ウェブコンテンツ管理システムなど

システム・オブ・レコードがなければ、組織はデジタルアセットを発見、管理、タグ付け、キュレート、変換、およびアクティブ化するための統一された方法がないことになります。

DAMの具体的価値

IDCのリサーチによると、企業は、DAMへの投資により平均24%の収益増を実現しています。エンタープライズDAMソリューションは、分散型チームがグローバルな立ち上げを管理し、チャネルパートナーを有効にし、収益を上げるまでの時間を加速するために必要となるシステム・オブ・レコードを提供します。

当社が調査した企業では、重複した作業を排除し、作成されても一度も使用されることのないアセットの数を減らし、アセットの再利用率を向上させることにより、アセットの作成コストが平均28%削減されました。アセットの検索、レビュー/承認プロセスの合理化、コラボレーションの向上を中心に、チームの生産性が平均34%向上しました

調査対象の企業の3分の2は、DAMによって外部ユーザーとアセットを共有することの難しさが緩和されると報告しています。平均すると、DAMユーザーの4分の1が外部組織であるため、これは、重要なメリットです。間違ったアセットまたは未承認のアセットの使用を防止し、不注意な開示や盗難からアセットを保護し、ライセンスの遵守を保証することにより、企業はリスクを平均23%低減しました。さらに、53%はプロセス全体の可視性を改善しています

DAMテクノロジーが組織のデジタルアセットの整理、管理、活用、ならびにNuxeoのエンタープライズDAMソリューションの機能と利点をどのように支援しているかについては、Nuxeoが推奨するIDCの記事「優れたデジタルアセット管理プラットフォームがもつ5つの重要な特性」をダウンロードしてください。