Fredi HeinNuxeoでEMEA・APAC地域担当商用アカウント責任者を務める、Friederike Heinをご紹介します。彼女はEMEA地域、特にDACH諸国およびAPAC地域の主要分野での販売活動をサポートし、世界の各地域の事業を拡大しています。

インタビューの内容をご覧ください。

Q:Nuxeoでのご自身の役割についてお聞かせください。

私は入社してから、EMEA地域、特にDACH諸国の主要分野での販売活動をサポートしています。しかし、幅広いコンテンツサービスの提供に対する世界的な関心の高まりとともに、APAC地域の魅力的な企業とも協力しています。当社のリード(潜在需要)は世界中に広がっているため、日々の顧客ミーティングは実に国際色豊かな内容となっています。私の一日は早朝にオーストラリアに電話することから始まり、北欧の新規見込み客との商談で終わることもまれではありません。グローバルな視点から見れば、当社とプラットフォームにはどのくらい刺激的なことかお分かりでしょう。また、私はこれらの分野の新しいパートナーと提携し、当社の技術を導入し、プロジェクトのサポートを行っています。

Q:Nuxeoで働くにあたって何が魅力でしたか?

私がNuxeoに入社した最大の動機は、同社の大きな可能性を知り、発展のエネルギーを感じたからです。私が最初に採用のインタビューを受けたとき、誰もが製品、会社、将来について情熱的に語る姿を見たのは本当に喜びでした。前職ではデジタルアセット管理(DAM)分野で働き、コンテンツサービスソフトウェアの現在の技術基準を直接比較しました。Nuxeo Platformがどれだけ先行しているか簡単にわかり、最初のNuxeoデモを満面の笑みを浮かべて見ていたのを思い出します。非常に印象的な経歴を持ち、私と同じような理由でNuxeoに加わった多くの才能のある人たちで構成されるチームの一員になれたことにも本当に驚いています。「あなたがその部屋で一番賢いならば、あなたは居る部屋を間違えている」(もっと上のレベルの人たちがいる部屋に行きなさい)という有名なことわざがあります。私は部屋を間違えたと感じることはありません。毎日何かを学ぶ機会に恵まれているからです。

Q:DACHおよびAPACの各地域のコンテンツサービスおよびDAM市場について少しお聞かせください。Nuxeoには、これらの市場でどのような商機があると思いますか?

DAMとコンテンツサービスは、各種業界の企業にとって重要な戦略的コンポーネントとなっています。専門的な解決策を講じなければ、運用することはかなり難しいです。企業を支援できるプロセスは、グローバルな視点では非常に似ています。次は業界の一例です。現在、当社は、ヨーロッパ各地のさまざまな主要銀行と協力して、GDPRやMiFID IIなどのコンテンツサービス戦略に関する政府の規制を満たすデジタルトランスフォーメーションを成功させるべくサポートを提供しています。これは、顧客の機密性の高いデータを扱うすべての組織に関連するもので、グローバルな傾向です。

DACH地域においてNuxeoにもたらされているもうひとつの商機は、意識を高め、協働したい先進的なコンテンツサービスプラットフォームとしてより多くの企業に認知されることです。当社のブランドは米国とフランスでは歴史的に確立されているので、ヨーロッパの主要地域におけるフォーチュン500企業のソフトウェアのトップリストに急速に浸透しています。その傾向を誇りとしてできる限りサポートしていきたいと思います。

Q:コンテンツ管理のニーズを理解するために見込み顧客と定期的に情報交換していますね。遭遇する課題で最も一般的なものは何ですか?Nuxeoはその解決のためにどのようなサポートを提供しますか?

企業が初めてプロフェッショナルコンテンツサービスソリューションを導入する場合でも、既存のツールを実際のエンタープライズレベルのソフトウェアに置き換える場合にも、顧客と協力して取り組むべき共通の課題がいくつか考えられます。
IT部門だけでなくビジネス部門でも関係するステークホルダーからの要件を理解し、最初から相互に協力して、人々を関与させ、現在直面している課題を関係者全員に対して明確化し、短期的なプロジェクト目標だけでなく長期的なビジョンも明確に定義しておくことが重要です。チームの視点が限定されている中で作業している場合、部門の短期的なニーズをカバーしているものの、増大するコンテンツ、多分野にまたがるなワークフロー、組織全体での多様なユースケースに対応する適切なプラットフォームとはならない製品を選択するリスクがあります。オープンアーキテクチャー、超スケーラビリティ、高度な柔軟性を備えた構成機能によって、Nuxeo Platformは、1つのプラットフォームとしてこの大きなビジョンに適合しますが、いくつか例を挙げると、デジタルアセット管理、ケース管理、ドキュメント管理、ナレッジマネジメントソリューションなど、いくつかの用途に使用できます。

第二のアドバイスは、解決策を整備したら、継続して関与すべきだということです。コンテンツ管理は継続的なプロセスであり、完結するプロジェクトではありません。世界の四地域にDAMソリューションを導入し、アジアの他のオフィスに引き続き展開している顧客から的を射たアドバイスを聞いています。その顧客は、新しいDAMプラットフォームをどのように使用しているか、日常業務でどのように役立っているかについて、月ごとに各チームに合わせて提唱する専用のリーダーを指名したのです。市場で提供されている最高の製品を選ぶことはできますが、スタッフがその使用方法を知らないなら、宝の持ち腐れです。

Q:ヨーロッパに移動する前ニューヨークにしばらく住んでおられましたね。ヨーロッパとニューヨークに住んでみた感想はいかがですか?

ニューヨーク市は本当に楽しかったですね、総じてアメリカは楽しいです。アメリカ人の積極的な姿勢やフレンドリーで開放的な面に触れてとても感動しました。「調子はどう?-いいよ」といった挨拶を交わすと、一日の滑り出しが楽になります(ドイツではこうしたあいさつはあまりしません)。ニューヨーク市にはある種の魔法があります。その活力と雰囲気はアドレナリンのようでした。どんな気分だったとしても、マンハッタンの通りを歩くとすぐに、今日も全力で取り組もうという気持ちになるんです。信じられないほどのエネルギーとダイナミックさが溢れているんです。もちろん今住んでいるロンドンもステキな街です。ニューヨーク市とは雰囲気が違いますが、本当に魅力的ですね。今はロンドンの生活を満喫しています。でも見逃したものが1つだけあります。それは、ニューヨーク市のスカイラインで、永遠に変わらない眺めです!ニューヨークに移ったときに気付いた大きな違いは、ビジネスミーティングの文化です。ニューヨークの人はいつも非常に忙しく、30ページ以上のパワーポイントスライドを見る時間はありません。彼らは会議から得られるものを正確に把握していて、実に要領よく行います。ニューヨークで最初の顧客会議がありましたが、ちょうど25分で終わりました。ヨーロッパだったら、歓迎の挨拶と自己紹介だけでそのぐらいの時間を使ってしまいます。私は建物から出たときに、振り返り、「これがニューヨークなんだ」と思いました。こうしたことから、私はこのミーティングカルチャーが好きになりました。自分のメッセージをより効率的に伝えることができますから。

Q:自由に使える時間に何をするのが好きですか?

Fredi Heinの活動
私はアクティブなライフスタイルを心がけ、活動する時間とリラックスする時間をバランスよくとるようにしています。運動は定期的に行っていますが、ジムにいない場合は、スパを楽しんでいます。今はマッサージに凝っていて、これまでにいろいろなマッサージスタイルを試しました。旅行するときはいつでも、地元のマッサージを試してみます。最近、トレーニングメニューを変更して、目標を達成するために、ウェイト指向のプログラムを追加し、週に一度パーソナルトレーナーとトレーニングを行っています。快適な範囲を越えて自分を追い込むのが好きです。それとは別に、おいしいコーヒーやビールがいつも必要ですが、ロンドンではどこでも楽しめます。ロンドンの魅力を日々発見しているところです。