数週間前のニューヨークタイムズ紙のFarhad Manjoo氏のコラムでは、プログラマティック広告について広告主や消費者が抱いている多くの苦情が取り上げられていました。消費者がブラウズしていた靴のウェブ広告を見て気味が悪くなったことが紹介されていました。画面に広告を表示する複雑な機械があり、時には不快なコンテンツの隣に広告を配置することもありました。

しかし、プログラマティック広告には他の問題もありますが、実際には一般的な広告に問題があります。犬を飼い川の眺めを楽しめるニューヨーク市のアッパーウエストサイドに住んでいる30代の父親のような非常に狭いセグメントにかみそり広告をターゲティングすることができれば、100万種類のミクロセグメントの広告を打つことになります。しかし今日は、一貫して高い生産価値を持つ100万種類の広告を作成することはできません。このような制約は、視聴者を見つけることから提供するコンテンツの制作へ移っています。

しかし、無制限の数のコンテンツを効果的に制作することが近い将来可能になる兆しがあります。

代理店や社内クリエイティブチームのクリエイティブディレクターの目を通して、自動車の簡単なデジタル広告のために今日行われているコンテンツ制作プロセスを見てみましょう。おそらく次のようなものでしょう。

  • マーケティング担当者:自動車の販売開始のための広告が必要です。
  • クリエイティブディレクター:メッセージとスペックはどのような内容ですか?
  • マーケティング担当者:ここでは簡単に、Facebook用です。空港で車の所有者を拾うために車が走行している場面を考えています。
  • クリエイティブディレクター:モバイルかデスクトップか?
  • マーケティング担当者:両方とも。
  • クリエイティブディレクター:了解です。金曜日に回答させていただきます。
    ...数日が過ぎて...
  • クリエイティブディレクター(金曜日):これが私たちのコンセプトです。
  • マーケティング担当者:いいですね。でも、車の色と写真の中の空港を変えてほしいですね。写真の人物はあまり好きではありません。もう少し年上で、男性より女性の方がいいのでは?
  • クリエイティブディレクター:そうですか・・・やり直しですね。

それでは、もう少し練ってみます。これはシンプルなウェブ広告向けのものです。時間の投資は、おそらく縮小できません。ここで、別のシナリオを想像してみましょう。

マーケティング担当者は、同社のAD-O-MATICソフトウェアにログインし、Facebookモバイルとデスクトップをチェックし、前景で注目させたい車を検索します。それから、空港の写真を検索し、その写真を米国の空港に絞ります。最後に、「パーソナライゼーション&テスト」機能をチェックします。Adomaticは自動的に5,000バージョンの広告を生成します。車は5種類のカラーオプション、米国の最大規模の空港の正面100カ所すべて、車に乗り込もうとして歩道に立つ俳優10人。

マーケティング担当者は、制作に多くの時間と労力を要した1種類の広告ではなく、ほんの数分で5,000種類の広告を作成しました。これらの広告をキャンペーンに投入し、国内空港をもつ100の市場をターゲットに設定し、パーソナライゼーションの最適化によって最高のエンゲージメントを得る車の色と俳優の年齢や性別などを決定できます。

プログラマティック広告の創造と流通の両方を可能にするこの魅惑的な未来は、思ったよりもずっと身近になっています。今日では、本当に強力なデジタルアセット管理(DAM)システムは、そのような広告を制作することができます。あなたのDAMはどうですか?