数ヶ月前に私の同僚のThibaud ArguillereがPDFファイルの透かし処理に関する素晴らしいブログを書きました。ご存じのように、透かしは、ドキュメントのコピーや別のドキュメントの作成、または原本の偽造の防止に使用されます。また、文書の所有者(または著作権管理者)の特定にも役立ちます。企業や機関は、必要に応じてさまざまな目的のためにドキュメントに透かしを入れることができます。私たちが遭遇した使用例では、廃止されたコンテンツをすぐに識別するために透かしがPDFで使用されていました。

Thibaudがブログを書いた時、私たちはカスタムプラグインを使用してPDFに透かしを入れていましたが、数日前にプラグインがplatformのマスターブランチに統合されました。この機能は今後リリースされるNuxeo Platform LTS 2016の一部になります。この機能は再利用可能でAPIから呼び出すことができます。この機能にいくつか改良も追加されました。これにより、作成環境での使用が簡単になります。

以前は、左から200ピクセル、ページの下から100ピクセルなど、透かしの絶対座標を入力しなければなりませんでした。これは、ページサイズが異なるとうまくいきません。また、透かしを整列させるのが難しくなります(たとえば、ページの中央に透かしを設定するなど)。

この制約をなくすために、Nuxeo Platform LTS 2016では透かし処理の相対座標が導入されます。これにより、ページサイズに関係なく、ページの中央またはコーナーに簡単に透かしを入れることができます。そのため、ページが回転しても透かしの指定された位置が維持されます。

テキストの透かしを中心に45度時計回りに回転させた例を示します。

- PDF.WatermarkWithText:
    watermark: "WATERMARK"
    properties:
      rotation: "45"
      xPosition: "0.5"
      yPosition: "0.5"
      relativeCoordinates: "true"
      alphaColor: "0.7"
      hex255Color: "#dcb242"
      fontFamily: "Helvetica"

相対座標を「true」に、xPositionyPositionを0.5に設定すると、プラットフォームは、透かしを水平と垂直の両方で中央に配置します。

テキストコンテンツ

上のスクリーンショットからわかるように、ページのサイズが異なっていても、テキストが回転していても関係ありません。透かしは常に中央にあります。画像の透かしにも同じことが適用されます(下の画像を参照してください)。

- PDF.WatermarkWithImage:
    image: "@{myWatermarkImageBlob}"
    properties:
      xPosition: "0.5"
      yPosition: "0.5"
      relativeCoordinates: "true"
      alphaColor: "0.7"

テキストコンテンツ

この機能は、今後のLTSリリースの一部として利用できますが、すぐに試してみたい場合は、Nuxeo Platform FT 8.3用のnuxeo-pdf-utilsリポジトリからビルドすることができます!

今日はここまでです。Nuxeo Platform LTS 2016のPDF関連機能に関する最新情報を随時掲載しますので、ご期待ください。