ブラジル政府は、リソース、プロセス、ドキュメント、情報の管理を容易にするコンテンツ管理ソリューションを必要としていました。[Nuxeo Platform]を基にしたこのクラウドベースコンテンツ管理ソリューションは0、ブラジルの地方自治体、州政府、連邦政府の公共機関で使用されます。

背景

政府機関と民間団体や市民との間のやりとりは、非効率的であったり、適切に文書化されない場合があったりします。政府のプロセス管理では、情報ファインダビリティの悪さと監査とトレーサビリティの欠如により非効率的な結果を生み、民間企業や市民の期待と政府サービスの能力との間にギャップが生じ、最終的にはコスト超過という問題が発生することが多くなります。
新しいコンテンツ管理ソリューションは、公共機関と民間組織やそのステークホルダーとの間の情報管理とのやりとりを改善することに重点を置いて開発されているので、市民や顧客により良いサービスを提供することができます。

ソリューション

ECMの目標は、より効率的な管理と優れた制御・セキュリティを提供するために、従来の文書化と日常の業務処理の両方においてプロセスを合理化し、物理的および電子的情報を統合することで、情報管理を容易にすることです。
Nuxeoのブラジル提携企業であるSinaxが、このホストされたクラウドベースソリューションを開発したことによって、公共機関はアプリケーション管理用のリソースや技術インフラストラクチャを持つ必要がなくなりました。
Nuxeo Platformは、このソリューションを支える基盤です。ブラジルの公共機関のコンテキストにこのソリューションを適合させるために、主要な機能が追加されました。
Sinax ECMには以下のようなコア機能があります。

  • 市民と行政との間の通信チャネルとして、携帯電話でのSMSテキストメッセージ。このメッセージは情報要素として扱われ、ワークフローサイクルをトリガします
    * バーコードによって自動化されている、キャプチャと生産ワークフローを分散するコンポーネント
  • NuxeoサービスにアクセスするApple iPadソリューションにより、管理者はどこでもリアルタイムで作業することができます。
  • インテリジェントな画面により、ワークフローにおけるステップバイステップ報告による調査とデータ抽出が可能になり、文書やレガシードキュメントを生成し、情報をシンプルかつ説得力のあるコンパイルされた形態で表示します。

結果

次の2つの主要な政府機関が新しいECMを使用しています。

ブラジル・パラナ州にあるSão José dos Pinhaisシティホール

  • 人口30万人の都市 - ブラジル自動車産業の第三極で、自動車メーカーのフォルクスワーゲン、アウディ、日産、ルノーなどの工場が点在する
  • ユーザ6,000人

ブラジル・ペルナンブコ州にあるCabo de Santo Agostinhoシティホール

  • 人口18万人の都市 - ブラジル第4の規模の港がある
  • ユーザ4,500人

コンテンツ管理ソリューションは好評で、満たされていなかったニーズに明確に対応しており、今後短期間のうちにさらなる展開が計画されています。

読む時間がない場合は

  • Oracle PeopleSoftとの統合
  • 1秒間あたり、6000ユーザ、300グループ、約90の非常にアクティブな同時ユーザ
  • 400 GBバイナリデータ

詳しくはお問い合わせください