Gabriel Lippmann公共研究センターは、応用科学研究、技術の開発と移転、ハイレベルの継続教育を使命とする公的機関です。同センターの活動は、新たな技術力の創出や企業へのノウハウ移転によりルクセンブルク経済を強化することを目指しています。

背景

Gabriel Lippmann公共研究センターでは、厳格な守秘義務要件と、最終的には、データの暗号化により、取締役会のメンバーに対して文書へのアクセスとその共有のためのエクストラネットを提供したいと考えていました。
Gabriel Lippmann公共研究センターが求める文書管理ソリューションは、CMISプロトコルを介して、そのWebコンテンツ管理ソリューションTYPO3を含め、そのWebアプリケーションと統合しなければなりませんでした。

ソリューション

オープンソースソフトウェアのメリットを熟知したGabriel Lippmann公共研究センターは、AlfrescoとNuxeoによる文書管理ソリューションを検討しました。インストール、使用、統合が容易で、パフォーマンスが非常に高いことを考慮して、Nuxeo文書管理が選ばれました。

プロダクション前の実地テスト

技術的ベンチマーキングの後、Nuxeoのソリューションは、取締役会のユーザが利用できるようになりました。これは、使いやすさを評価し、ソフトウェアの選択を行うためです。取締役会は、まずこのツールを使用してから、CIOの最終確認を得ることができました。

開発中の新たな機能

Gabriel Lippmann公共研究センターの特定の要件を満たすために、Nuxeoは、ソリューションの機密性を高められるよう文書を暗号化する機能を開発しています。同様に、より広く使用できるよう文書管理ソリューションを拡張するために、CMISによる文書検索機能が改善されつつあります。

結果

エクストラネットアプリケーションは、2人のチームが1カ月半足らずで統合を行った後、2011年3月下旬にプロダクション段階に入りました。
現在、取締役会のオフィス文書のすべてがTYPO3を介して、Nuxeoで管理され、エクストラネットからアクセスできるようになっています。
機能性と技術の両要件において、Nuxeo技術はGabriel Lippmann公共研究センターのITチームの期待を超える成果を出しています。

次のステップ

Gabriel Lippmann公共研究センターは、近い将来、Nuxeo Platformでワークフローエンジンを使用することになっています。
また、Gabriel Lippmann公共研究センターは、あらゆる文書に対応する文書管理ソリューションとしてNuxeo DMを使用し、全従業員に開放する予定です。
最終的には、Nuxeo DMソリューションは、外部のパートナーも利用できるようになります。

読む時間がない場合は

  • 従業員230人
  • 取締役会向けのエクストラネット
  • CMIS統合

詳しくはお問い合わせください