課題:大容量のコンテンツ、多数のユーザ、高度な立法ワークフロー

フランス首相府の一部門であるDILAは、立法プロセスを監督し、法律を公開する責任を担うフランス政府機関です。法的コンテンツは定期的に更新され、その正確さを検証しなければなりません。DILAは、公共および法律情報を公開し、市民へアクセスを提供するためにフランスの150以上の地方行政と提携しています。

DILAはまた、立法プロセスの一環として、国民議会と上院が政府へ提出した質問を管理します。議会が開催されるたびに、議員はどのような議題についても政府へ正式に質問をすることができます。これらの要求は複雑になる可能性があり、また複数の部門や他の政府機関が関わることもありますが、3ヶ月以内に正式に回答しなければなりません。

DILAは、他のどの政府機関にもまして、信じられないほど大量のコンテンツを取り扱い、何千人ものユーザを持ち、厳しく規制された環境に対処しなければならず、デジタル接続する必要があります。法律や規範の作成、変更、および保守が非常に複雑で、多数のプロセスを伴います。各政府機関の間でのデジタルコラボレーションは必ずしも容易な作業ではなかったことは言うまでもありません。ワークフローが自動化されておらず(ましてデジタル化は言うに及びません)、コンテンツの正確さと質の点で問題を引き起こす可能性がありました。

その時、DILAは主要な目標を3つ定めました。

  • 政府による国会議員への対応の質を高め、対応時間を短縮する
  • 政府機関のためのコンテンツ作成ワークフローを改善する
  • ユーザのアクティビティやパフォーマンスに関する、コンテンツの解析とデータの可視化を可能にする

ソリューション:中核となる立法プロセスのそれぞれについて柔軟性に富み、高度にモジュール化されたアプリケーションを導入

1週間に4200人以上のユーザと700件以上の案件を抱えるフランス政府は、Nuxeo Platformを導入することにより、素晴らしいe-governmentケース管理アプリケーションを作成することができました。

2010年に、DILAは、3つの異なる政府機関(政府、国会、上院)の間での法律や行政コンテンツの作成・公開を容易にする新しいプロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトはSOLONと呼ばれ、この3つの機関がエンドツーエンドの立法プロセスを管理するのに役立っています。同時、別のプロジェクト「Réponses」が誕生しました。このアプリケーションは、国会議員と行政との間の質疑応答の流れを円滑にします。

この2つのアプリケーションには同様のアーキテクチャが使用され、6つのアプリケーションサーバで構成されたNuxeoクラスタ上で実行されており、Oracle 11g RACデータベースでサポートされています。

これらのアプリケーションはメールボックスに似ています。質問や文書(オフィスアイテムもまた、デジタルテンプレートによってデジタル転送される)が受信され、意味的に分析され、自動ワークフローが資産を適切な機関に振り分け、ケースを作成し、プロセスが開始されます。デジタルコンテンツが承認され、電子署名された後、DILAで最終版が公開されます。どのケースにも独自のロードマップがあり、さらに処理される際にステップを追加または削除することにより完全にカスタマイズすることができます。アプリケーションは完全な履歴と変更を保存し、ユーザは、このような変更間を行き来することができます。システムをさらに統合し、従業員のためにさらに自動化を図るためにREST APIを使用している部門もあります。

セキュリティは非常に重要であり、クリアランス(機密情報取扱許可)を持つ職員に限り機密情報または非公開データにアクセスすることができます。Nuxeo Platformに装備されている許可ベース(ACL)とルールベースのアクセス制御の組み合わせは、必要とされる複雑なアクセス制御方式を実装しています。

これらのソリューションを作成した主要な成果の一つは、デジタルで監視し、関連する様々な政府機関の間での立法活動を可視化することです。

次に必要なこと

この2つのプロジェクトは、大きなe-governmentイニシアティブであり、フランス政府の中核となる法的手続きを改善するだけでなく、議会との関係も改善しています。これらのプロジェクトは、SWORDグループの支援を受けて2012年から作成されており、Nuxeo Platformの拡張性とカスタマイズの機能は、常に最新の状態を維持し、上院、国民議会、フランス政府が直面する法的・行政的コンテンツ管理の問題にすべて対応しています。

読む時間がない場合は

  • 複雑なワークフロー、大容量のコンテンツ、多数のユーザ
  • 厳しく規制された環境
  • データ可視化とコンテンツ分析

詳しくはお問い合わせください