Nuxeo Platformをダウンロード

エンタープライズコンテンツとデジタルアセットを今すぐ向上させることができます。所要時間はわずか数分です。

Docker

$ docker run -it --name mynuxeo -p 8080:8080 nuxeo/nuxeo:discover-ft

APT-Get

$ $ wget -q -O- http://apt.nuxeo.org/nuxeo.key | sudo apt-key add -
$ sudo add-apt-repository "deb http://apt.nuxeo.org/ $(lsb_release -cs) fasttracks"
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install nuxeo

Homebrew

$ brew install nuxeo
$ nuxeoctl start
バージョン

LTS 2019

旧バージョンのNuxeoまたはLTSをお探しですか?
こちらからダウンロードできます。

Nuxeo Platformのインストール方法


ダウンロードの後で

Nuxeo Platformをダウンロードしたら、30日間無料のNuxeo Online Service(NOS)試用版に登録することができます。試用版からは、Nuxeo StudioとNuxeo Marketplaceのすべての機能にアクセスできます。

Nuxeo Studio は、開発者でない方がワークフローの作成、ユーザインタフェースのカスタマイズ、ビジネスオブジェクトの定義を行えるようにする、使いやすいWebベース構成ツールです。

Nuxeo Marketplace には、アプリケーションの機能を拡張する、すぐに使えるプラグインとパッケージが豊富に用意されています。

開発者でなくても使いこなせる豊富な機能

ダウンロードに進む準備がまだできていない場合は、デモをスケジュールするか、当社までお問い合わせいただくか、Nuxeo製品の詳細をご確認ください。

最新バージョンのハイライト(LTS 2019)

強化されたAIフレームワーク

LTS 2019には、AI関連の新しいモジュールが含まれています。Nuxeoのお客様は、このモジュールを「プラグ&プレイ」形式で接続するだけで、AIサービスからのデータやNuxeoオンラインサービス上のカスタムモデルを使用してコンテンツの価値を高めることができます。これによって、文書のファインダビリティが高まり、コンテキストに即したコンテンツの活用とインテリジェンスレベルの向上が実現するほか、追加的なAIアルゴリズムの提供によって、インサイトの増強も自動的に可能になります。

Office 365の統合

Nuxeoユーザは、Office 365スイート内でファイルの編集を透過的に行いながら、先進的なメタデータ管理、高度なAI、パワフルな検索、アクセス許可の管理などの機能を利用できるようになりました。Nuxeo Web UIからのリンクをクリックすることで、Office 365内から文書を開いて編集することが可能です。または、新しい文書をOffice 365からNuxeoに保存することもできます。

コンテンツフェデレーション

Nuxeo Platformでは、バイナリコンテンツを「インプレース」管理できるようになりました(つまり、コンテンツは外部のECMまたはEFSSシステムに保存されたままです)。この機能により、Nuxeoのコンテンツフェデレーション戦略が拡大されるだけでなく、お客様は強制移行のコストと負担に悩まされずに、モダンなコンテンツサービスプラットフォームのメリット(拡張性、検索、ワークフロー、自動化、アクセス許可)をすべて享受できるようになります。

強化されたアノテーション機能

強化されたアノテーション機能により、Office文書、画像、動画、PDFなどにアノテーションを付けて、レビュー/検証プロセスやメディアエンリッチメントに役立てることが可能です。

新しいAdobe CCコネクタ

新しいAdobe Creative Cloudコネクタは、ユーザエクスペリエンスを向上させ、Adobe CC 2018の機能をフルに活用できるよう、ゼロから構築し直されたものです。

プラガブルがアップロードサービスのデータ転送を加速化

Nuxeoをダイレクトアップロードサービスに簡単に接続して、ファイルまたはオブジェクトの転送を加速化できるようになりました。その結果、Nuxeoユーザは、4K動画ファイルなどの大容量コンテンツアセットをWeb UI(Nuxeo Webクライアント)経由で高速アップロードすることができます。高速転送機能はAWS S3で利用でき、(Azureやその他の専門ベンダー向けなど)AWS以外のサービスとの接続も簡単に作成できます。S3の実装により、アップロードパフォーマンスが一般的に50%~500%向上します。