金融サービス向けケース管理

Nuxeoは、あらゆるタイプのケース作業ニーズやタスク管理ニーズに対応できるコンテンツ主導アプリケーションを最新のコンテンツサービスプラットフォームで実現することによって、金融サービス組織が人、プロセス、テクノロジーの間のやり取りを合理化してシンプルにし、混沌としたケース管理に秩序を見出すことができるようサポートしています。

ご相談ください

決定的ケース処理を中心に置いたケース管理

Nuxeoは、トランザクション処理に加え、プラットフォームのケース管理機能に基づく決定的処理モデルもサポートしています。

ケース管理によって、1日の仕事のさまざまな変化に柔軟に対応する必要のあるナレッジワーカーは、タスクの選定と優先順位付けをコントロールできるようになります。

組織はデジタルコンテンツとデータに迅速かつ同時にアクセスできるため、データの配置場所やデータにアクセスするユーザの物理的な位置にかかわらず、動的で協業的な処理環境を実現し、きわめて厳しいケース処理要件にも対応できるようになります。

ナレッジワーカーの時間の30%と企業全体の時間の19.8%が、情報/コンテンツの検索に無駄に費やされています

— IDCの調査

最新のCSPを通じて利用できる最も重要なコンテンツ主導ビジネスアプリケーションは、あらゆるタイプのケース管理アプリケーションです

— 2017年のFCW CSP調査

企業の従業員は、1日あたり2個以上の文書をメールに添付し、平均5人の相手にレビュー目的で送信しています。その結果、新しい文書が1日あたり10個作成され、複数の場所に格納される状態を招いています

— AIIM

エンタープライズレベルの拡張性

金融サービス組織は、さまざまなサイズの事業部門で構成されています。レガシープラットフォームは、組織内で容易に拡大・縮小できないという難点を以前から抱えています。大規模プラットフォームは部門単位で導入するには高額すぎます。部門別ソリューションにはエンタープライズ環境に必要な拡張性がありません。

Nuxeoによってもたらされるプラットフォームは、組織内で容易に拡大・縮小できるだけでなく、自動プロビジョニング機能によって月末、四半期末、年末などの高負荷処理ニーズを満たすこともできます。そのため、金融サービス組織は、大半の時間はアイドル状態にある計算機能に対して、コストを無駄遣いせずに済みます。

ベストオブブリードのアプローチ

Nuxeoのアプローチでは、既にあるものを一から作り直すようなことはしません。

たとえば、アナリティクスやレポート作成ツール、ルールエンジンツールに重点的に投資し、それらのツールを使い慣れている組織は、Nuxeoプラットフォームとともに既存のツールを容易に使い続けることができます。レガシーと将来の両方の環境と連携できることは、移行に伴うリスクを緩和する、Nuxeoならではの利点です。このことは、革新的でオープンなNuxeo機能のほんの一例にすぎません。

オンラインコミュニティの声

"ケース管理は、常に決まった順序と構造に従って作業が行われるという前提で成り立っているものではありません。"

一目でわかるケース管理機能

ローコード開発の直感的な設計/構成機能

統合型のモバイル/オフライン機能

多様で複雑なプロセスに対応する、堅牢でアクセス性に優れたワークフロー

同期および非同期コラボレーションツール

自動、手動、イベント主導型のアクティビティ割り当て機能

分析とデータを可視化する堅牢な機能

さまざまな属性に基づく複雑なアクセス許可の管理

堅牢なルール作成/管理ツール

共有の再利用可能サービス

論理的で効率的なインベントリ管理

構造化/非構造化データの検索、格納、分析

関連している可能性のあるケースの自動識別

Microsoft Office製品のシームレスな統合

ケース作業時間の正確な記録とモニタリング

堅牢で信頼性の高い監査ログおよび情報保全

直感的なエンドユーザ向けメッセージング/通知

その他のリソースを見る

Nuxeo製品がお客様のニーズにいかに即しているかをご確認ください。大半のリソースにオンラインでアクセスいただけます。カスタムデモのリクエストやご質問は、Nuxeoまでお気軽にお問い合わせください。

早速お試しください!

デモをリクエスト