コンテンツサービスプラットフォームの6つの主な特徴

Nuxeoのインフォグラフィックをダウンロード

このインフォグラフィックでは、コンテンツサービスプラットフォームの特徴について説明します。

ECMの終焉とコンテンツサービスプラットフォームの誕生については、さまざまな議論がなされています。

コンテンツサービスプラットフォームを組織内で使用すると、コンテンツサイロを解消して、ビジネスクリティカルな情報をそれを必要としている組織内の人員に提供し、利用できるようにすることが可能になります。

それでは、どのような特徴を備えたコンテンツサービスプラットフォームを導入すべきでしょうか?

コンテンツサービスプラットフォームの主な特徴を簡単にまとめると、以下の6つになります。

  • スケーラビリティ
  • 柔軟性
  • 接続機能
  • クラウドネイティブ
  • パーソナライゼーション
  • AI対応

ビジュアル版には、これらについてさらに詳しく説明してあります。

[コンテンツサービスプラットフォームの6つの主な特徴](/assets/documents/6-key-features-of-a-content-services-platform.pdf)について詳しくは、このインフォグラフィックをダウンロードしてご確認ください。

コンテンツサービスプラットフォームとは

タイプ: Infographic

トピック: Content Services, Enterprise Content Management