ECMからコンテンツサービスへ:進化か革命か?

このeBookでは、エンタープライズコンテンツ管理(ECM)システムの歴史を解説し、コンテンツサービスへの移行が必要な理由を探るとともに、コンテンツサービスが将来どのように使用されるかについて考察します。

LVMH
Verizon
CVS Pharmacy
FICO

ECMは何年も前から存在するテクノロジーですが、終焉を迎えたことが2017年にガートナーによって正式に確認されました。

ECMに取って代わるコンテンツサービスプラットフォームは、ECMソリューションの主要機能を継承し、今日の企業向けにそれを強化するものです。しかし、この移行は必要なステップだったのでしょうか? もしそうならば、ECMでは実現できなかったけれども、コンテンツサービスプラットフォームによってもたらされるようになるのは、何でしょうか?

このeBookでは以下について考察します。

  • ECMの歴史
  • ECMが真の潜在能力を十分に発揮できなかった理由
  • コンテンツサービスプラットフォームの主な特徴
  • 人工知能やGDPRなどの注目の話題とコンテンツサービスプラットフォームの関連性

このeBookには、ECMからコンテンツサービスへの移行が単なる進化か、それとも重要な革命であるかに関する討論に参加し、ご自分で判断できるようになるために必要な情報が記載されています。

無料のeBookを読むには、今すぐこちらからダウンロードしてください!

ECMからコンテンツサービスへ:進化か革命か

タイプ: Report

トピック: Content Services, Enterprise Content Management