コンテンツサービスプラットフォームのGartnerマジッククアドラント(2019年)

コンテンツサービスプラットフォームのGartnerマジッククアドラント(2019年)

企業の目標がビジネスプロセスの最適化であるか、新しいビジネスモデルの導入または新製品の発売であるかを問わず、コンテンツサービスプラットフォームは、デジタルトランスフォーメーションを可能にするうえで今後も重要な役割を果たし続けます。ビジネスリーダーは、組織のコンテンツ戦略を実現するコンテンツサービスをどのベンダが提供できるかを、このリサーチペーパーに基づいて評価することができます。

Nuxeoは、コンテンツサービス市場が従来のエンタープライズコンテンツ管理(ECM)ソリューションからの発展を今後も続けると考えており、このマジッククアドラントを皆さんと共有できることを喜ばしく思っています。デジタルビジネスの実現のカギを握るコンテンツサービスプラットフォーム(CSP)を提供している各ベンダの能力評価に、ぜひこのマジッククアドラントをお役立てください。

中身は

コンテンツサービスプラットフォームのGartnerマジッククアドラント(2019年)を読むと、次のことが可能になります。

  • Gartnerが現在CSPをどのように定義し、このセグメントがどのように発展しているかについて理解する
  • コンテンツサービスプラットフォームの主な機能と特長について学ぶ
  • 業界、地域、企業規模の視点からCSP製品を評価する
  • 市場の方向性とテクノロジーの選定について価値の高い知見を得る

Gartner「マジック・クアドラント」調査の2019年コンテンツサービスプラットフォームで「概念先行型」のベンダーと評価されました。この無料レポートを読むには、今すぐこちらからダウンロードしてください。




このグラフィックは、リサーチ文書の一部としてGartner, Inc.によって公開されたものであり、同文書全体の文脈に照らして評価する必要があります。Gartner社のドキュメントはNuxeoからのリクエストに基づいて入手可能になります。コンテンツサービスプラットフォームのGartnerマジッククアドラント(2019年)(Michael Woodbridge、Marko Sillanpaa、Lane Severson共著、2019年11月4日)
GARTNERは米国および世界各国におけるGartner, Inc.または関連会社の登録商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved.
Gartnerは、リサーチ刊行物に掲載された特定のベンダ、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティングまたはその他の評価を得たベンダのみを選択するように助言するものではありません。Gartnerのリサーチ刊行物は、Gartnerのリサーチ事業部門の意見を表したものであり、事実の表明と見なされるべきではありません。Gartnerは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。
顧客の信頼
LVMH
Generali
TBWA
ABN AMRO