エンタープライズデジタルアセット管理がクラウドネイティブでなければならない理由


エンタープライズデジタルアセット管理がクラウドネイティブでなければならない理由

多くのデジタルアセット管理(DAM)ベンダは、自社のソフトウェアを「クラウドベースプラットフォーム」と称していますが、実際は、「クラウドベース」でも「プラットフォーム」でもありません。これらの用語は両方とも、区別なく使用されることが多く、顧客を混乱させたり、落胆させたりすることがあります。

DAM用の真のクラウドネイティブのプラットフォームは、どのソースから取得するコンテンツも安全に統合でき、高機能のデジタル作業を可能し、DAMを他のエンタープライズアプリケーションとシームレスに統合できなければなりません。

本稿では、エンタープライズデジタルアセット管理用のクラウドネイティブの主要な特徴を確認します。記事をご覧ください。

記事を読む