Nuxeo University

認定制度に登録して、Nuxeoの認定エキスパートになりませんか。

Nuxeo Universityとは、オンラインの学習リソースです。Nuxeoの管理者やエンドユーザが登録して、ビデオオンデマンドのトレーニングコースで学習できます。小テストを受けたりコードを評価に提出したりしながら学習を進めていくことで、認定エキスパートになれます。

Nuxeo Universityのトレーニングビデオは、製品のあらゆる側面を学習できるように作られています。実装、設定、一般エンドユーザ向けトレーニング、さらには検索の設定やサービス拡張ポイントの管理といった専門的なモジュールまで、様々なレベルが用意されています。

Nuxeoのコースを受講して認定エキスパートになることで、キャリアアップにつながります。<br><br>この認定制度は、以下の5パートの構成でNuxeo Platformのあらゆる側面を学習していきます

• 設定
Nuxeo Studioのスキル。Nuxeo Studio ModelerとNuxeo Studio Designerについて。
• フロントエンド開発
Nuxeo REST API、Nuxeoリポジトリに基づくカスタムアプリケーション開発、Nuxeo Elements。
• バックエンド開発
オペレーションとリスナーとしての基本的なJava要素、コンポーネントの作成、Nuxeo CLIの使用。
• 管理
実装、インスタンス設定(nuxeo.conf、テンプレート)、モニタリング、監査、認証、許可管理など。
• アーキテクチャ
クラスタリング、データストレージ、VCS / NoSQL、インデックス、マルチテナンシーなど。

知識を付けたら、次は腕試し

lineicon1

Nuxeo初心者コース
学習プランをフォローしてみてください。Nuxeoはとても簡単に使えます。とはいえ、説明を読むより実際にやってみるのが一番です! 理論的なコースと実践的なエクササイズを組み合わせた構成で、初歩的な内容から難しい内容へと徐々に進んでいきます。はじめの一歩を踏み出す前に、Nuxeo Fundamentals Learning Planを必ずご覧ください。ソリューションデザイナーから、エンドユーザ、開発者まで、様々な立場の方に合わせてNuxeo製品を分かりやすくご紹介するコースが用意されています。

lineicon2

「実際にやってみる」以上のトレーニングはありません。
そこで、架空のアパレル企業が製品カタログを管理するためにNuxeoを導入したというシナリオで、ユースケースを作ってみました。具体的な目標を示して、詳細な指示と説明も提供します。期待される結果を目指して、ヒントやコツも利用しながら、この課題に挑戦してみてください。

lineicon3

エキスパートから学ぶ
その道のプロが知るヒントやコツをお求めですか。それなら、Nuxeoチームが特別に制作したビデオをご覧ください。デモや実際の事例など具体的なトピックごとに、プロジェクトを成功させるためのポイントをすべて学習できます。